0 comments on “仕事と生活の充実を両立させる「ワークライフバランス」を考えよう”

仕事と生活の充実を両立させる「ワークライフバランス」を考えよう

仕事と生活の充実を両立させる「ワークライフバランス」を考えよう

近年よく見聞きするようになった「ワークライフバランス」という言葉。
これは仕事と生活のバランスを取って、どちらも充実させていこうという考えです。
生活が充実することによって仕事のパフォーマンスは向上し、効率がアップするために生活のほうに使える時間が増える……という仕組みを狙います。
より働きやすく、そして日々の生活にうるおいを得るためにもワークライフバランスのとれた働き方について考えてみましょう。

フレックス制度で時間にとらわれない生活に

ワークライフバランスのとれた働き方をするにあたって、まずクリアすべき問題として挙がるのが“時間”です。いくら仕事と生活の充実を両立させようとしても、時間に制約があっては難しくなります。そして、この問題を解決してくれるのが、近年徐々に取り入れる企業が増えてきた“フレックス制度”です。

フレックス制度とは、出勤と退勤の時間を決めずに、既定の時間内で好きなときに仕事に取り組むという働き方のこと。これにより、プライベートの予定や過ごし方に自由が増えることは明らかです。
「頭が働く朝にメインの仕事を済ませ、午後は早めに退社して習い事教室に行く」
「朝はゆっくりと過ごしてジムやマラソンをし、昼前くらいから張り切って仕事に行く」
など、自身の理想に合わせた時間の使い方ができるのです。

また、子どもがいるという方の場合は、保育園のお迎え時間にあわせて退社するということもできます。授業参観の日は、子どもの学校に行ってから出社するということも可能です。
このように、家族との生活を大切にしたいという方にはもちろん、自分のために時間を投資したい方にとってもフレックス制度が心強い味方といえ、ワークライフバランスの実現にも大きく役立ちます。

リモートワークでストレスフリーに。効率重視の働き方

ワークライフバランスを重視する働き方に注目が集まるのと同時に、リモートワークという言葉もよく耳にするようになりました。
リモートワークとは会社に出社せず、自宅やカフェやコワーキングスペースなど、オフィス以外の自由な場所で仕事をする働き方のことです。インターネットを通じて業務連絡を取ることで、オフィスに出社しなくても仕事ができるという仕組みです。

通勤をする必要がないので通退勤のために使う時間が削減でき、その分生活の充実に当てることができます。自宅で集中する環境を作ることが必要になりますが、自由な時間が確保しやすくなるのは嬉しいポイントです。

また、通勤が必要なくなると、朝や帰宅時の満員電車を避けることもできます。狭い電車内の中に人がぎゅうぎゅうになり、押し潰されるのを耐えながら通退勤するのはかなりストレスや疲れが溜まるもの。このような心身への負担を軽減させることができるのは、リモートワークのメリットの1つといえるでしょう。

さらに、妊娠中や育児中の女性にとってもリモートワークはメリットがたくさんあります。
妊娠中は身体に大きな変化があり、体調が崩れやすかったり安静が必要だったりと常に気が抜けません。しかし、リモートワークであれば過ごし慣れた自宅で仕事ができるので、心に余裕が生まれます。リモートワークにすることで、妊娠や育児と仕事を天秤にかけることなく両立できるのです。

メモを取りながら電話をする女性

ワークライフバランスを実現させるためには、フレックス制度やリモートワークが要になるといえますが、日本にたくさんの企業があるもののこれらの制度を取り入れている企業は少数派です。
自身が勤める企業がこれらの制度を取り入れるまで待っているだけでは、ワークライフバランス実現はほど遠いもの。仕事と生活をより充実させるためにも、転職をして自らで環境を整えていくという方法もあります。充実した日々の中で輝く自身をイメージして、ぜひ転職という道をご検討してみてはいかがでしょうか。

レファミー内 ワークライフバランス画像
ワークライフバランス企業特選

 

wanted indeed

 

0 comments on “大企業からスタートアップに転職!何が変わる?”

大企業からスタートアップに転職!何が変わる?

約3ヶ月前、私は大手企業から小さなスタートアップ企業へ転職した。
今はその決断がとても正しかったんだと確信している。一時期は大企業の硬直な構造に慣れようと努力した時期もあったが、長い間考えたあげく変化を受け入れ、飛び込んだ。

大企業とスタートアップの差においては、色んな意見が入り交じっている。
一般的には大企業で働く方が安全で、報酬が良くて、余裕があると思われている。
一方、スタートアップは自由な分、混乱することが多く、数ヶ月後には職場が消えるかも知れないという不安定だという認識が多いんじゃないかと思う。

でも真相はどうだろう。本当の違いは何なんだろうか。スタートアップと大企業での仕事はどのような差があるんだろうか。

1. もっと柔軟である

0516_02

スタートアップ企業で仕事するにあたって最も気に入っている点でもある柔軟なワークスタイルは、同僚とのスケジュール調整さえできれば、いつでも好きな時間に作業をできることが特徴だ。必要であれば自分だけの作業空間を決めることも可能だ。ある日は家で仕事をしたり、天気の良い日には公園やカフェに行ったり、もしくは全く別の都市でも仕事をすることができる。重要なのは仕事をする場所じゃなく、仕事のクオリティーだ。

普段より仕事を早く切り上げる日もあれば、仕事に没頭しすぎて定時帰宅の時間を大幅に超える日もある。いつでも多様な選択肢があることによって、仕事に対する興味と新鮮さを維持することができる。

また、今とは全く違う仕事を担当する可能性もある。一点アドバイスをすれば、自分が好きなことや上手なこと、そして自分には合わない苦手なことについてはっきりと区別し、自分を輝かせる要素に集中することだ。スタートアップで働くにつれ、自分自身が理想と思う勤務条件を把握し、ワークライフバランスの主導権を握ることをお勧めする。しかしここにも二面性は存在する。

2. さらなる責任感を必要とする

0516_03

スタートアップではあなたの面倒を1からみてくれる人はいない。でもそれは良いこともある。一部の人たちは、特に大企業のようにすでに決められた仕事を好む人たちには、このような環境を逆にストレスと思うだろう。

仕事初日から実践だ。何をどうすれば良いか言ってくれる人は誰もいない。もしデザインをするなら、自分がまさにそのデザイナーになるべきだ。周りの同僚とCEOから助言をもらうことはできるが、船を操縦する船長は結局自分自信だ。自分の経験をもとにアイデアを出してどのようにするかを決定すべきだ。

プロジェクトによっては、残業も日常茶飯事だ。また、自分の役割を代わってくれる人は誰もいないため、自分がその場にいるべきだ。

自己管理を徹底的にするのと同時に、一番効率よく仕事をこなせるスキルが必要となる。従って、スタートアップは責任感が人一倍強い人や、同じ目標を持つ人々が集まった環境がモチベーションアップにも繋がり最も良い。燃え尽き症候群にならないように注意することも重要だ。自分の業務は自分の責任であり、自分の体調を管理するのも義務の一つである。

3. 自分のアイデアが反映される

0516_04

自分が実現したいアイデアがあればスタートアップではそれが反映される。そう言った意味で、スタートアップはクリエイティブな人たちにとって最適な職場である。また、瞬時に物事が起きる傾向であるため、価値のあるアイデアはすぐ採用され、自分が出したアイデアがそのまま実現される、そしてそこから必要な結論を導き出すことができる。

その反面、大企業では多すぎる意見と、管理者、関心の枠が広すぎるため、ほとんどのアイデアは実行される前に落とされてしまう。

4. 官僚的なプロセスが少ない

0516_05

業務を行っていると度々起きるのが変更事項における承認事項だ。
スタートアップの場合は全員が密に業務を行っているので数ヶ月に渡って色んな部署に承認を要請する必要がない。また、100種類ものフォームを記入する必要もない。なんてすがすがしいんだ!

CEOとダイレクトで仕事をすることもある。会社のCEOはあなたが知らない遠い世界の人たちじゃない。彼らはあなたと一緒にに協力して仕事をし、最もモチベーションが高い人たちだ。そして官僚的でないため、次のようなことが可能となる。

5. 変化が速い

0516_06

仕事を始めて24時間も経っていないのに会社のロゴデザインに影響を与えたり、3日前はSNSのアカウントも存在してなかったのに今はアクティブに情報を配信していたり、全ての業務はエネルギッシュで楽しい。変化が速く、成長する速度はそれ以上に速い。退屈する暇もない。

スタートアップとは、生きて呼吸する、常に成長している生命体のようなものだ。自分が発言権を持っていて、目の前で進化して行く方式に直接携わることができる。会社は自分が育てる子供みたいなものなのに、愛着を持たないわけがない。スタートアップは時に、あなたの潜在力を発揮できる完璧な道を開けてくれ、自分についてたくさんのことを知ることができ、その過程でどうやっていけば良いのかを教えてくれたりもする。

6. 家族のようなチーム

0516_07

スタートアップでは、チームの構成員一人一人に気が配られ、共同の目標があるからチームメンバー皆で一心と協力する体制だ。チームが小規模のため、人を集めるのが比較的に簡単だ。
無造作に色んな人たちを集めるのも悪くはないが、リーダーが自分のチームとなるメンバーを実際選ぶとさらに良い組織になる可能性が高い。チームが協力し、調和して仕事ができるからだ。

大企業の人事担当者は、「履歴書」に書いているスキルを見て人を選んでいる場合が多い。しかし、人間の関係性というのは紙に書かれている能力よりさらに重要であり、自分との相性は人それぞれだということを忘れないでほしい。

7. 試行錯誤をするには最適な環境である

Colleagues Making a Plan

映像制作に挑戦したい。もしくはイベント企画、募集、はどうだろうか。スタートアップはあなたが色々なスキルを試して成長させるのに最適な場所だ。あなたが通常している業務以外のことを試すことも出来る。スタートアップにはいつも多様な能力と情熱が必要だからだ。

スタートアップでの自己啓発は、とても激しく衝突するレースコースのようなものだ。環境は躍動感が溢れていて、色々なことを試しそこから学べる自由がある。そしてあなたは時間管理と自分自身の計画に責任を負い、プロジェクトを進めることに義務がある。自ら望んでいてもいなくても、大企業にいるのと比べ、この経験があなたを10倍以上成長させてくれるだろう。

上記に並べたのは、スタートアップで仕事をするのと大企業で仕事をするギャップのごく一部にしか過ぎない。変化を選んだ、私は大企業の環境ではもはや仕事ができなくなった。色んな事にチャレンジが出来る自由、そして自分が出したアイデアが速く成長することを目撃できる機会が持てたことにとても感謝している。

あなたはどうする?スタートアップと大企業、あなたの選択は?

wanted.jobs LIFEWORK ロゴ

original content By Adina Dincă(原文)

0 comments on “社会人3年目、会社を辞めたいときに「考えるべきこと」とは?”

社会人3年目、会社を辞めたいときに「考えるべきこと」とは?

レファミーブログ内画像

社会人として働き始めると、いろいろな悩みや不安が出てきます。
とくに、キャリアアップや転職についての悩みは自分ひとりで解決するのが難しいものです。
そこで今回は、実際に転職について悩んでいるAさんを例に、「会社を辞めたいと感じるときに考えるべきこと」について考察してみました。

0 comments on “理想の仕事に就くために、キャリアパスの重要性を今一度たしかめよう”

理想の仕事に就くために、キャリアパスの重要性を今一度たしかめよう

キャリアパス レファミー

前回のコラムでは、『これまでやってきた仕事とは違う、異業種への転職は可能?』というテーマについてお話しました。
結果的には、「20代後半になると異業種への転職は難しい」という結論に至りましたが、実はプラン設定によっては転職がしやすくなります。
そのプランとは、「キャリアパス」をしっかりと形成するというもの。