What’s your 年収交渉? ~ 知っておくべき7つのコツ ~

年収交渉とは?

みなさんご存知と思いながらも、これから初めて転職する方もいらっしゃると思いますので、念のため、年収交渉の説明を致します。

年収交渉は入社可能性のある志願者が年収や福利厚生の金額と内容を会社側と話し合い、お互いに合意するプロセスです。

flat vector business man choose the way between low risk and high risk concept and business finance investment concept.

就職、転職活動中の面接の際、聞かれる希望年収。
皆さんはどのように答えていますか?

交渉は双方合意を得ることが重要なので、敵対的あるいは完全に受け身である必要はありません。もし交渉することが気難しいと感じたら、相手もあなたと同じだと思ってください。

ただ、交渉は年収・給与だけでなく、ボーナス、ストックオプション、休暇、その他の福利厚生なども網羅しておく必要がありますので忘れないようにしましょう。

年収交渉をする前に、必ず知っておくべき7つのコツ

1.適切なタイミングを待つ。
面接を受ける時、会社側から先に年収の提案を切り出すまでは年収交渉の話を自ら先に出さないことが良い。

『お金の優先順位が高く、金額が高い企業に結果行ってしまうという印象を人事に与え易い。』

 

2.数字を先に提示しない。
いくら年収が欲しいか?という質問を受けた場合、ポジション・業務内容を詳細に知りたい旨を伝えること。また、福利厚生やその他補償がどうなっているかを確認しましょう。
福利厚生やそれ以外の補償によって異なると答えておくと自分の納得感も上がり、人事にとっても印象が良いです。

『そもそも、仕事の難度や役割と給料は連動するもの。自身が給与だけで会社を判断、評価していない事につなげて話す事がポイント』

 

3.データを基準に年収を提示する。
もしあなたが先に数字を提示しなければならない状況であれば、あなたがリサーチした年収情報に基づいて提案してください。このようなリサーチはあなたの交渉能力を会社に知ってもらえるために必要です。

『特に交渉に入っている企業の相場は年収情報がわかるウェブサイトや、知人からの情報などで知っておきましょう。□社:28歳:営業主任:〇〇○万など』

 

4.間をあけることも時には重要。
年収の提示を受けたとしても、直ちに契約あるいは(拒否)する必要はありません。判断に迷う時は、”検討してみます”という返答により、最初の提案よりも高い年収を提案されるかもしれませんし、少なくとも間違った判断を下すことは無くなりますよね。

 

5.断ることで、企業側から高い条件を提示することも。
あなたが、仕事内容や条件に納得感が無い場合に断ることで、もっと高い年収の提案を受けるかもしれません。

『私は気が進まないと思った3社を断ったが、その3社から高い年棒を提案するという電話を受けた』という事例もあります。

 

6.あなたが本当に望む仕事であれば断らない。
5と真逆のお話しになりますが、交渉にはリスクが付きものです。あなたが本当に望む仕事であれば慎重になるべきでもあります。会社はあなたが断ったために次の候補者にその機会をあげる可能性もあります。

 

7.年収以外のその他の条件交渉も重要。
年収交渉以外でも、他に交渉可能な補償などがあれば一緒に検討すべきです。何よりも重要なのは、会社と年収交渉をする前に、この仕事が自分にとってどれほどの価値があるか、またあなたの職務能力と経歴を会社でどれほど求めているのかを知ることです。

 

 

135

What’s your 年収交渉? ~ 適正な給料もらえてますか? ~

皆さんは、就業中、就職や転職する際に“年収交渉”を行った事はありますか?仕事をするうえで、お金の事はいつだって切っても切り離せない事です。

仕事の内容は良いけど。。
もしプラスして給料が少しでも上がるのであれば、、と思った事はないでしょうか?

働くうえで給与の事、年収交渉に悩んでいるあなたへのために、交渉の成功や失敗した人々のリアル経験談をご紹介します。

彼らの経験を通じてあなたも“会社の言いなり”だけではなく“交渉”してみるのもいいのではないでしょうか。

【デザイナー 女性 30代】

初めての会社を退職し、別の会社を探しているところだった。
私もいつのまにか焦っていたのだろう。。。

その時は同時に3~4つぐらい企業に応募していました。
そのうちの1つの面接の時、現場担当者、CTO、代表が面接官として順番に入って来ました。
最終面接まで1日で終わり、家に帰ったら、年収の提案メールが来ていたんです。
こんなに早く進行して、自分自身も職についていない事から焦っていたため、すぐにOKの返事をしました。

しかし今思えば、会社がこんなに早く連絡をするのは急ぎの募集であり、年収を提示された時すぐにOKをせず、一度検討して返事すると答えればよかったと少し後悔をしました。
年収を上げる機会だったのに、急ぎすぎた自分に反省です。

【エンジニア 男性 20代】

私が入社当時、会社はスタートアップで自身も新人であり、
給与を交渉するなどもちろん考えた事もなく、提示されたまま入社した。

会社は成長し続け、私の仕事量も増える一方だが年収には変化がなかった。
年収に対して一人悩んだあげく、勇気を出し代表を訪ねて話を直接聞くことにした。
びっくりしたことに、代表は私の年収をはっきりわかっていなかった。
そのため代表からいくら望んでいるかを聞いてもらい、思っていたより簡単に年収を上げることができた。

この経験により今後、私が思っていたほどもらっていないと思った時、
素直に自分の年収に関する考えを会社に伝えた方が良いと実感した。

【エンジニア 男性 30代】

私の主観では、年収を下げて転職するのは、
経験者からすると絶対にしない方が良いと思う。
前職の年収より下げた年収で転職した。
お金より、家からも近い事や、その他の条件が良かったなど、
安定的な職場を重要視していた為、その時は全く気にしていなかった。

しかし、実際に働いてみるとやっぱりお金に後悔することになり、仕事に集中できない自分がいた。結果的にまた転職した。

ただ、他に転職しようとした時、思ったよりもこの年収が大きく足を引っ張り、元の年収まで戻るには1年以上かかり、その過程はとても大変であった。

【コンサルタント 男性 30代】

年収を上げるのに一番良い方法はやっぱり転職だと思う。
転職する際に自分は、希望年収より少し多めに言う事にしている。
結果的に需給バランスだと思っていて、同じ人物・経歴なのに希望年収より少し多めに条件提示した2社ではA社では提示条件よりも下。B社では提示条件よりも上という状況。単純にお金だけでは比べられないけれど、言ってみるもんだと思うね。
もちろん、企業側からすれば当然年収をできれば抑えたいと思うけど。。。

【人事 女性 30代】

年収を高めるには、それなりの理由がないといけないと思うの。
私は職業柄、会社の採用担当や会社の立場を考えています。
なぜそれだけの年収を払わなきゃならないかを納得できる、させられるように心がけて条件の会話をするようにしています。
相手方の納得もいかないのに高い年収を提示したり、粘るとむしろマイナスと思っていますし、仮に採用になっても、人事や人事情報を知っている上層部からは入社前からイメージが悪くなることもありますね。

【広告系 女性 30代】

最終面接がゴールと考えず、年収交渉も面接の一部だと私は思っている。
年収交渉で上手くいかない知り合い、友達もたくさん見たし。
私自身も経験がある。
ただ、私も、知り合い・友人たちも共通しているのは、年収交渉も含めて採用プロセスと思っているってこと。

【エンジニア 男性 30代】

最高の福利厚生は年収に勝るという言葉があるが、私は違うと考えている。私の経験は、希望するレベルより年収を下げて、入社すると仕事のモチベーションも下がる。何事にも意欲が湧かなくなる。

【CS担当 女性 20代】

私の考え方は、自身の職務能力に比べ、あまりにも高い年収をもらっていることもよくはないと思う。年収を高くすれば、会社の期待レベルも高くなる。
期待がとても高いため、業務的なストレスが高く、入社当時でも適応するのに苦労をしかねない。また会社の規模が小さい場合、お互いがいくらぐらいの年収を受け取っているかを知ることもある。年収に見合った成果が出なければ、周りから期待外れなのになぜ私たちよりもらっているのという視線に疲れてしまっている人を見たことがある。

【営業 女性 20代】

中には新卒に高い年収を払う会社がある。高年収でうらやましいと思われるが、業務が合わないと次の転職が難しくなる問題がある。

ほとんどの人が、年収を下げて、転職をしないのではないか・・・
もっと高い年収をもらうために、もっと払ってくれる会社を見つけるのも大変だけど、仮にそのような会社があっても自分自身がそれに見合った仕事ができるのか?ストレスは半端じゃない気がする。

【事務 女性 30代】

一人暮らしをしている為、本当に自分が必要な生活費・家賃などを目安に月収をベースに伝えるようにしている。年収で話してしまうと相手に与える基準が大きく感じられる場合もあるので月々これぐらいは欲しいという言い方で伝えるようにしている。

選考が進むにつれどこかのタイミングで会社側で希望年収を聞いてくると思います。
ただ、求職者と会社の間に希望年収に差があるのは当然です。

求職者の立場では自身が考える最低年収があります。会社側より聞かれた際に答える金額というのは、様々かもしれませんが、中には最低年収を答える人もいます。

しかし、会社は求職者が提示する希望年収を最大年収だととらえるケースもあります。そのギャップから求職者が提示した希望年収がさらに下げられて提案されるリスクも考えておく必要があります。転職する際には、元々受けとっていた年収よりも少し上がればやはり嬉しいもです。

いろんなリサーチを通じて年収情報を調べて、現実的で合理的な年収を提案できるようにしていきたいものです。

そこでレファミーは上記の内容も元に少しでもアドバイスができればと、
ここだけでこっそり7つのコツを教えたいと思います。→こちら

0208
What’s your 年収交渉? ~ 知っておくべき7つのコツ ~

 

 

135