1 comment on “これまでやってきた仕事とは違う、異業種への転職は可能?”

これまでやってきた仕事とは違う、異業種への転職は可能?

レファミーブログ内画像

「今の仕事や環境をガラリと変えて、新しいことにチャレンジしたい」
「これまで営業職一筋でやってきたけど、実はIT業界の技術職に転職してみたい」
このように、これまでのキャリアとは別分野の仕事に転職したいと考える方は少なくありません。
確かに新たな挑戦には胸が高鳴るもの。しかし、「やってみたい」という興味だけで未経験の業界で採用を獲得することはできるのでしょうか。
今回は、異業種への転職について、その可能性やポイントなどをご紹介していきます。

未経験でもチャレンジしたい。異業種への転職は可能?

結論から言うと、異業種への転職は「不可能ではないものの非常に難しい」というのが現実です。
とはいえ、社会人歴が3年未満で25~26歳までの方の場合、第二新卒の採用を狙うのはOKです。
第二新卒で新入採用となる場合は、現在の経歴やビジネススキルよりも潜在力を重視することがあります。
若いビジネスパーソン特有のやる気や潜在力、情熱などをうまくアピールすることができれば、未経験の業界への転職も可能性がアップするでしょう。

しかし、社会人歴が3年以上でいわゆる中堅社会人に当てはまる方の場合、これまでのキャリアとは関係のない異業種への転職は難しいのが現実です。
中途採用の求人では、潜在力よりも即戦力を求められることのほうが多くなります。
中堅層を対象とした中途採用の募集で勝ち抜くためには、自分が持っている経験やスキルを最大にアピールし、企業側に魅力的な人材として選んでもらわなければなりません。
これまでに携わったことのない新しい業界や業種に転職する場合、生かせる経験やスキルが足りないため、自分を魅力的な人材としてアピールすることが難しくなります。
「誰よりも深く興味を持っているから、やる気は人一倍あるから」という理由だけでは、中途採用の担当者を説得することはできないのです。

中途採用で異業種に踏み入ることの難しさを詳しくCheck!

一般的に大手企業といわれている一流企業に勤めている方の場合、好条件で転職できるケースは多いものです。

しかし、あまりにもフィールドが違いすぎるとスムーズに転職することは難しくなります。
たとえばBtoBサービスを行っている大企業から採用プラットフォームを作るITスタートアップ企業に転職したいという場合、一見有利にも思えますが壁は多くあります。
大手企業とスタートアップのIT企業では、産業の性格やビジネス規模などが大きく異なるもの。
人事や採用、企業文化などについての知識をつけていても、新業務につながる実務の経験などがなければ即戦力としてはみなされません。
どうしても新しい業界にチャレンジしたいという場合は、直接的でなくとも何らかのつながりを持てる経験をしておくことが必須です。

自分の確かなキャリアのために。今一度、転職について考えてみよう

自分の確かなキャリアのために。今一度、転職について考えてみよう

自分のキャリアと次に望む業界に共通点が見えないときや、異業種における自分のセールスポイントがうまくまとまらないときには、転職についてもう一度考え直してみることも必要です。

「本当に自分がやりたい仕事なのか」
「自分が活躍できる分野なのか」
「即戦力として自分を心からアピールできるのか」

高揚した気分を一度落ち着かせ、自分自身の経験やスキルと向き直ってみましょう。
新しい業界の企業で面接をすることを思い浮かべ、採用担当者の興味をひくことができないと感じる場合、経験だけでなく知識も足りないケースが多いもの。
「その仕事に挑戦してみたいから」「興味があるからきっと私に合うはず」という高揚感だけが前のめりになって、その仕事の細かなところには目が抜いていない可能性があります。
憧れの業種だからこそ、勝手に幻想を抱いているだけかもしれません。

「最近流行っている業界だから」「なんとなくかっこいいから」という不確かな理由でキャリアを決めるのはリスクが伴います。
もし運よく転職が成功しても、抱いていた理想と現実のギャップが大きかったり、自分への荷が大きくて対処できなかったりすることもあります。
挑戦は美しく価値のあるものですが、ときに深い落とし穴にはまってしまうことがあること、よく考えずに挑戦するのは時間のロスになること。
この2点をしっかりと心に刻んで、自分の転職についてよく向き合ってみましょう。

 

レファミーライフワーク
レファミーを始める▶▶▶

 

0 comments on “新しい人材サービスreferme 成功談 ~By BitStar~”

新しい人材サービスreferme 成功談 ~By BitStar~

refermeを活用して採用活動を行った企業と、転職を実現した求職者にお話を聞く導入事例インタビュー。

第一弾となる今回は、インフルエンサーを起点とした広告・プロダクション・メディア領域における事業をグローバルに展開するBitStar様にインタビューしました。

【株式会社BitStar コーポレート部・熊木さん、海外事業・さんのインタビュー】

  • R: refermeインタビュアー
  • K: 熊木さん
  • L: 李さん

無駄なマッチングがなく、効率的な採用活動が実現

R:まずは人事担当のクマキさんが、refermeを利用しようと思ったきっかけを教えてください。

K:当社の社員が某ゲームイベントに参加した際にrefermeの代表とお会いして、refermeのサービス概要などをお聞きして興味を持ったことがきっかけです。サービスの質はもちろんですが、リーズナブルな価格設定も魅力的でした。
しかし一番の決め手となったのは、「転職者の幸せと採用側のニーズをくみ取った上でHR業界を変えていきたい」という代表の理念に共感できたことです。こんな理念を持った企業と、ぜひ一緒に採用活動に取り組みたいと思いました。
また現在当社では海外事業拡大にも注力していますので、海外の求職者にもリーチしやすいrefermeは私たちのニーズに合致していると考えました。

R:実際にrefermeを使ってみた感想はいかがですか?

K:従来の求人サイトと比較して、ニーズにマッチした人材が集まりやすいという印象を受けました。書類選考で外れる方はほとんどなく、ほぼ全ての応募者と面談することができました。実際に面談でお会いしても、「まさに私たちが欲しかった人材だ」と感じる方が多かったですね。無駄なマッチングがなく、非常に効率的な採用活動ができたと思います。

わずか1ケ月で理想的な人材の採用に成功

20180712_02

R:なぜそのような効率的なマッチングが実現したのでしょう?

K:従来の求人サイトは“マス(大勢の求職者)にアプローチする”という手法が多いと思いますが、refermeは“ターゲットを絞り的確にアプローチする”という方法を採用しているからだと思います。
例えば、当社の求人広告も大勢の求職者に大量配信するのではなく、私たちのニーズに沿った求職者に的確に配信できるノウハウがrefermeには十分にあるのではないでしょうか。FB広告など、多様なインターネット広告を活用している点も素晴らしいと思います。
refermeはUIが優れていたため、求職者とのやりとりがスムーズに進みました。そのおかげもあり、採用活動スタートから約1ヶ月後には理想的な人材を採用できました。
「ニーズに合致した人材になかなか巡り合えない」という悩みを抱えるITベンチャー企業が多い中、わずか1ヶ月程度で理想の人材に出会えたのはrefermeのマッチング力の高さのおかげだと思っています。

R:『リクルーティングカーニバル』に参加いただきましたが、感想を聞かせてください。

K:「転職を従来のように堅苦しく考えず、カジュアルに捉えていこう」というコンセプトが見事に反映されているイベントでした。当社以外の登壇者はそうそうたる顔ぶれでしたから、このイベントに参加できたことは当社のブランディングにもつながったと思います。これまでリクルーティングイベントに積極的に参加させて頂きましたが、中でも魅力的な求職者が多かったと感じましたね。

今までの日本の求人サイトにはないタイプ

20180712_03

R:それでは、次は李さんにお話をお聞きします。refermeを知ったきっかけを教えてください。

L:ちょうど転職活動をしようと思っていたときに、韓国人の友人に勧められて知りました。

R:refermeを使った感想はいかがでしたか?

L:画面がシンプルで見やすく、従来の日本の求人サイトよりも使いやすかったです。従来の求人サイトは情報量が多くてごちゃごちゃしていたり、選択項目が多すぎたりして、使いづらいと感じることもありました。
refermeは履歴書や職務経歴書などの書類アップロードも簡単でしたし、Facebookを連動させて自己アピールできるところも魅力的でした。友人たちにもさっそく紹介しましたが、「今までの日本の求人サイトにはないタイプ」と好評です。今後は外国語版のrefermeもぜひ誕生してほしいですね。

R:現在担当している業務内容を聞かせてください。

L:現在は海外事業にてインバウンドビジネスを担当しています。主に韓国、台湾、シンガポール、アメリカのクライアントとの折衝や提案を行います。得意分野である外国語を活かすことができるので、今の環境にはとても満足しています。
BitStarの存在はrefermeの紹介機能を通じて知りましたが、今後最も拡大する可能性があるインフルエンサー事業に注力しているという部分に興味を持ちました。実際に面接に来て話を聞く中で、会社と一緒に自分自身も成長できることや、得意とする外国語を活かせる点も魅力的だと感じました。

K:現在当社は海外事業拡大にも注力していますので、引き続き海外クライアント向けの営業担当やバッグオフィス職を募集しています。今後は海外のインフルエンサーマネージメント職も募集する可能性があります。

多彩な業務と進化を体感できるのが、ベンチャーの醍醐味

最後にメッセージをお願いします。

K:広告領域、プロダクション領域、メディア領域の三つの市場を合わせると国内だけでもすでに“10兆円近くの市場”があるといわれており、当社はインフルエンサーを起点として、それぞれの領域に対してグローバルに事業を展開しています。広告領域においてはクライアントの幅を拡大し、プロダクション領域ではデータを生かしクリエイターの発掘・育成をしていきたいと考えています。そしてメディア領域では、企画力・データ分析力を生かしてヒットコンテンツを作っていくことが目標です。
日本のユーザーを拡大したい海外企業に当社のインフルエンサーマーケティングを活用いただくインバウンド事業に加え、ゆくゆくは海外インフルエンサーエージェントと提携して日本企業の海外進出を支援するアウトバウンド事業も視野に入れています。
当社では幅広い業務をお任せしますので、短期間でさまざまな知識や技術をキャッチアップすることができます。大手企業では10年かかることを、1~2年で習得できるのがベンチャーの醍醐味です。当社は日々進化していきますので、そんな進化を一緒に楽しめる人をお待ちしています。

 

logo_wide copy
レファミーを始める⇒

 

0 comments on “【300人にアンケート】転職のきっかけ / 会社を辞めるタイミングについて”

【300人にアンケート】転職のきっかけ / 会社を辞めるタイミングについて

古い仕事と新しい仕事

誰もが一度は転職をしようと考えたことがあると思いますが、その理由は人それぞれ。
転職活動の際にも転職理由は重視されますが、世の中の人々は一体どのようなきっかけで転職を決断しているのでしょうか。
また、転職に際し、現在勤めている会社を辞めるタイミングを見出すのも難しいもの。円満に退職したいと思うのが当然ですが、どのようなタイミングで辞めるのが最適といえるのでしょうか。

0 comments on “仕事と生活の充実を両立させる「ワークライフバランス」を考えよう”

仕事と生活の充実を両立させる「ワークライフバランス」を考えよう

仕事と生活の充実を両立させる「ワークライフバランス」を考えよう

近年よく見聞きするようになった「ワークライフバランス」という言葉。
これは仕事と生活のバランスを取って、どちらも充実させていこうという考えです。
生活が充実することによって仕事のパフォーマンスは向上し、効率がアップするために生活のほうに使える時間が増える……という仕組みを狙います。
より働きやすく、そして日々の生活にうるおいを得るためにもワークライフバランスのとれた働き方について考えてみましょう。

フレックス制度で時間にとらわれない生活に

ワークライフバランスのとれた働き方をするにあたって、まずクリアすべき問題として挙がるのが“時間”です。いくら仕事と生活の充実を両立させようとしても、時間に制約があっては難しくなります。そして、この問題を解決してくれるのが、近年徐々に取り入れる企業が増えてきた“フレックス制度”です。

フレックス制度とは、出勤と退勤の時間を決めずに、既定の時間内で好きなときに仕事に取り組むという働き方のこと。これにより、プライベートの予定や過ごし方に自由が増えることは明らかです。
「頭が働く朝にメインの仕事を済ませ、午後は早めに退社して習い事教室に行く」
「朝はゆっくりと過ごしてジムやマラソンをし、昼前くらいから張り切って仕事に行く」
など、自身の理想に合わせた時間の使い方ができるのです。

また、子どもがいるという方の場合は、保育園のお迎え時間にあわせて退社するということもできます。授業参観の日は、子どもの学校に行ってから出社するということも可能です。
このように、家族との生活を大切にしたいという方にはもちろん、自分のために時間を投資したい方にとってもフレックス制度が心強い味方といえ、ワークライフバランスの実現にも大きく役立ちます。

テレワークでストレスフリーに。効率重視の働き方

ワークライフバランスを重視する働き方に注目が集まるのと同時に、テレワークという言葉もよく耳にするようになりました。
テレワークとは在宅勤務のこと。インターネットを通じて業務連絡を取ることで、オフィスに出社しなくても仕事ができるという仕組みです。

通勤をする必要がないので通退勤のために使う時間が削減でき、その分生活の充実に当てることができます。自宅で集中する環境を作ることが必要になりますが、自由な時間が確保しやすくなるのは嬉しいポイントです。

また、通勤が必要なくなると、朝や帰宅時の満員電車を避けることもできます。狭い電車内の中に人がぎゅうぎゅうになり、押し潰されるのを耐えながら通退勤するのはかなりストレスや疲れが溜まるもの。このような心身への負担を軽減させることができるのは、テレワークのメリットの1つといえるでしょう。

さらに、妊娠中や育児中の女性にとってもテレワークはメリットがたくさんあります。
妊娠中は身体に大きな変化があり、体調が崩れやすかったり安静が必要だったりと常に気が抜けません。しかし、テレワークであれば過ごし慣れた自宅で仕事ができるので、心に余裕が生まれます。テレワークにすることで、妊娠や育児と仕事を天秤にかけることなく両立できるのです。

メモを取りながら電話をする女性

ワークライフバランスを実現させるためには、フレックス制度やテレワークが要になるといえますが、日本にたくさんの企業があるもののこれらの制度を取り入れている企業は少数派です。
自身が勤める企業がこれらの制度を取り入れるまで待っているだけでは、ワークライフバランス実現はほど遠いもの。仕事と生活をより充実させるためにも、転職をして自らで環境を整えていくという方法もあります。充実した日々の中で輝く自身をイメージして、ぜひ転職という道をご検討してみてはいかがでしょうか。

 

18

 ★★レファミーを始める★★