referme導入事例インタビュー【株式会社ZEPPELIN様】

refermeを活用して採用活動を行った企業にお話を聞く導入事例インタビュー。
第二弾となる今回は、幅広いジャンルの企業に対してクリエイティブなデジタルサービスを提供するZEPPELIN様にインタビューしました。

【株式会社ZEPPELIN 人事担当・松崎さん&株式会社レファミー CSO執行役員・山崎さんのインタビュー】

R・・・refermeインタビュアー
M:松崎さん
Y:山崎さん

グローバルな採用活動を行う企業にとっては、非常に魅力的なチャネル

R:まずは山崎さん、refermeのサービスの特徴を聞かせてください。

グローバルな採用活動を行う企業にとっては、非常に魅力的なチャネル

Y:2015年に韓国で誕生したrefermeは、SNSを活用した新しい形のHRプラットフォームサービスです。
現在は台湾・香港・シンガポール・日本に拠点を持ち、国内に限らず、海外の求職者にもスムーズにアプローチできることが最大の特徴です。

R:松崎さんがrefermeを利用しようと思ったきっかけは何だったのでしょう?

グローバルな採用活動を行う企業にとっては、非常に魅力的なチャネル

M:新しい採用サービスを探しているときにSNSを通じてrefermeを知ったのですが、海外求職者にアプローチできるという点が当社のニーズにマッチしていると思いました。

当社は特にエンジニア職において、外国籍人材の積極的な採用を狙っています。
職種によって国内リソースは奪い合い状態なので、より優秀な人材を採用するために、これからは海外にも目を向けた採用活動を行う必要があるのです。
またエンジニアに限らず営業職・ビジネス開発といったポジションの採用活動も進めていますので、外国籍人材の持つグローバルな視点や高い柔軟性が、きっと当社の業務に好影響を与えてくれると思います。

個人的にはrefermeのUIも気に入りました。
シンプルなので機能を覚えるまでに時間がかからず、すぐに使いこなせるようになりました。

R:refermeを利用する以前は、どのような形で採用活動をしていたのですか?

M:一般的な転職エージェントを使っていましたが、主に費用面がネックになっていました。
その点refermeは海外求職者に幅広くアプローチできる上に、ローコストで利用できるという点が魅力的でした。

新サービス「マッチアップ」で、効率的なダイレクトリクルーティングが実現

新サービス「マッチアップ」で、効率的なダイレクトリクルーティングが実現

R:refermeを通じて1名の採用に成功なさったそうですね。

M:今回はアメリカ国籍・日本在住のビジネスデベロップメントディレクターを1名、referme経由で採用することができました。

当社の得意とするデザインUXに関する専門的知識こそはないものの、ベンチャー企業をはじめとした多数の企業で経験を積んだことや、彼の思考速度の速さやなどが採用の決め手になりました。彼はコンサルティング経験もあり、クライアントとの交渉に非常に慣れているという印象を受けました。さらに彼がこれまで関係していたクライアントが、弊社のクライアントと親和性が高いということも魅力的に映りましたね。

R:現在はrefermeの新サービス「マッチアップ」をご利用いただいているそうですね。
山崎さん、マッチアップの特徴を教えてください。

Y:マッチアップは企業側が直接求職者にコンタクトがとれるスカウトサービスです。
スカウトサービス自体は他社にもよくあるサービスですが、国内だけでなく、台湾・香港・シンガポールなど海外求職者にも広くアプローチできることが特徴です。

職種によっては国内リソースは枯渇状態なので、今までにない層にダイレクトにアプローチできるというのは、企業側にとって大きなメリットになると思います。
ユーザー側のメリットとしては、自らアクションを起こすことなく企業側からアプローチを受けられるのはもちろん、自身が予期していなかった外国企業と出会えるチャンスもあります。

登録者の中にはバイリンガルも多いので、言語力の高い人材を探している企業にもぜひ使っていただきたいですね。
特にデザインナーなどのクリエイティブ職やビジネス開発に携わる人材を求めている企業には、非常にマッチするサービスなのではないでしょうか。

R:松崎さんは、なぜマッチアップを利用しようと考えたのでしょう?

M:我々のような小さな企業は、どうしても大企業に求職者をとられてしまう傾向があります。
そんな状況の中でより良い人材を採用するためには、ダイレクトリクルーティングに積極的に取り組んでいくべきだと考えています。
そのためにもこちらから求職者にアピールできるチャネルを増やす必要がありますので、マッチアップはそのチャネルの一つとして非常に優れていると思いました。

海外人材へのニーズが高まる今後、refermeはさらに心強い存在に

海外人材へのニーズが高まる今後、refermeはさらに心強い存在に

R:最後にメッセージをお願いします。

M:採用チャネルが増えたことで、より効率的なリクルーティングが実現すると思います。
今後はさまざまな国籍の人材を積極的に採用したいと考えていますが、特に現在当社が着手している自社アプリ開発などが進展すれば、さらに海外の人材を必要とする機会が多くなるでしょう。
その際には、ますますrefermeやマッチアップサービスがパワーを発揮してくれると思います。

Y:現在はさまざまなHRプラットフォームが存在していますが、意外と多いのが登録している人材の重複です。
例えば企業がスカウトした人材が、実は別の転職エージェントからすでに紹介されていた人材だったり、過去に面接した人材だったりというケースは少なくありません。

そういった時間とコストの無駄を防ぐためにも、海外にまで視野を広げたrefermeを活用することで、新たな人材プールを開拓していただきたいと思っています。

ZEPPELIN Inc. 

 

ZEEPPELIN Inc.採用中ポジションはこちら
レファミーをはじめる

MatchUp!(マッチアップ)

次の項目に1つでも該当するなら。。。?
・自分に合う採用ポジションがなかなか見つからない
・転職を考えてはみるものの忙しくてあきらめてしまう
・今すぐ転職するつもりはないけど機会は開けておきたい

社会人3年目、会社を辞めたいときに「考えるべきこと」とは?

社会人として働き始めると、いろいろな悩みや不安が出てきます。
とくに、キャリアアップや転職についての悩みは自分ひとりで解決するのが難しいものです。
そこで今回は、実際に転職について悩んでいるAさんを例に、「会社を辞めたいと感じるときに考えるべきこと」について考察してみました。

理想の仕事に就くために、キャリアパスの重要性を今一度たしかめよう

前回のコラムでは、『これまでやってきた仕事とは違う、異業種への転職は可能?』というテーマについてお話しました。
結果的には、「20代後半になると異業種への転職は難しい」という結論に至りましたが、実はプラン設定によっては転職がしやすくなります。
そのプランとは、「キャリアパス」をしっかりと形成するというもの。

【アンケート】もし「週4日勤務」が導入されるなら、どのように休みたい?

毎日忙しく働く現代人にとって、週末の休日は絶対に欠かせないものです。
趣味のために時間を使う人もいれば、休日はとにかく家で寝ていたいという人もいるでしょう。
休日の使い方は人それぞれですが、ほとんどの人が土日の2日間があっという間と感じていると思います。
叶うことならば、土日だけでなくさらにもう1日を休日にして、週3日休日制にしたいですよね。

もし、この夢のような週4日勤務、週3日休日制度が全面的に導入されることになったら、休み方を考えなければなりません。
そこで今回は、日本と韓国の2か国のビジネスパーソンを対象にアンケートを取ってみました。現代人が考える理想の休み方について見ていきましょう。

「週4日勤務」が導入されるなら、どのように休みたい?

1週間のうち、勤務日数が4日で休日が3日という制度が全面的に導入された場合、どのように休日を設けるかを考える必要があります。
一般的に考えられるのが、現存の土日休みに追加するように、月曜日か金曜日を休みにするというケース。
土日月または金土日と3連休になるので、まとまって休みを取ることができます。
この一方で、毎週3連休もいらないから週の中日を休みにしてほしいと考える方もいるでしょう。
この場合、平日の真ん中にあたる水曜日を休日にするというアイディアもあります。
「月曜または金曜休みの週末3連休派」と「水曜休みで週の真ん中を休みたい派」どちらを支持する人が多いのでしょうか。
気になるアンケート結果を見ていきましょう。

【アンケート結果発表】週4日勤務の場合、どのように休みたい?

日本と韓国のビジネスパーソンを対象に、「幸せな想像をしてみました。
奇跡のように週4日勤務が全面導入され、平日で1日休みを取れるなら、どちらを選びますか?」というアンケートを行いました。
そのアンケート結果が以下の通りです。

【アンケート結果発表】週4日勤務の場合、どのように休みたい?

レファミーブログ内画像

月曜または金曜休みの週末3連休派……50%
水曜休みで週の真ん中を休みたい派……50%

レファミーブログ内画像

月曜または金曜休みの週末3連休派……47%
水曜休みで週の真ん中を休みたい派……53%

以上のことからわかるように、日本では完全なるフィフティフィフティの2分化がされ、韓国では多少の差が出たものの、ほとんどフィフティフィフティと言える結果となりました。
同じアジア圏に属す隣同士の国とはいえ、文化やビジネスシーンでは大きく異なる日本と韓国。
それでもアンケートの結果には大差なく、3連休派と週の真ん中を休みたい派、それぞれの思う部分があるようです。

【アンケート結果発表】週4日勤務の場合、どのように休みたい?

週休3日の週4日勤務制、こんなゆとりのある働き方が実現できたら夢のように嬉しいですよね。
身体を休めるため、趣味を楽しむため、ストレスフリーで働くために自分の時間をしっかりと作ることができます。
休む時間が増えるので必然的に勤務時間の週合計は減りますが、しっかりと休むことで体力や気分がリフレッシュされ、かえって仕事の効率が上がるかもしれません。
とはいえ現状で週4日勤務制を実現させることはなかなか難しいでしょう。

しかし、週4日勤務こそ叶わないものの、自分の時間を好きなように使いながら働くという方法であれば現状でも可能です。
フレックスタイム制度を導入している企業であれば、通勤時間や退勤時間を自分のスケジュールに合わせて決めることができるので、体調や気分に合わせてゆとりを持って働くことができます。
通勤ラッシュの時間帯を避けたり、子どもの保育園のお迎えに合わせたりして出退者をすることも可能です。
出勤日数は変わらなくても、勤務時間の自由化を図ることで心に余裕が生まれます。
現状の仕事にあまり満足していないという方は、ぜひフレックスタイム制度を導入している企業への転職を考えてみてはいかがでしょうか。

 

レファミー内 ワークライフバランス画像
ワークライフバランス企業特選

logo_wide copy

これまでやってきた仕事とは違う、異業種への転職は可能?

「今の仕事や環境をガラリと変えて、新しいことにチャレンジしたい」
「これまで営業職一筋でやってきたけど、実はIT業界の技術職に転職してみたい」
このように、これまでのキャリアとは別分野の仕事に転職したいと考える方は少なくありません。
確かに新たな挑戦には胸が高鳴るもの。しかし、「やってみたい」という興味だけで未経験の業界で採用を獲得することはできるのでしょうか。
今回は、異業種への転職について、その可能性やポイントなどをご紹介していきます。

未経験でもチャレンジしたい。異業種への転職は可能?

結論から言うと、異業種への転職は「不可能ではないものの非常に難しい」というのが現実です。
とはいえ、社会人歴が3年未満で25~26歳までの方の場合、第二新卒の採用を狙うのはOKです。
第二新卒で新入採用となる場合は、現在の経歴やビジネススキルよりも潜在力を重視することがあります。
若いビジネスパーソン特有のやる気や潜在力、情熱などをうまくアピールすることができれば、未経験の業界への転職も可能性がアップするでしょう。

しかし、社会人歴が3年以上でいわゆる中堅社会人に当てはまる方の場合、これまでのキャリアとは関係のない異業種への転職は難しいのが現実です。
中途採用の求人では、潜在力よりも即戦力を求められることのほうが多くなります。
中堅層を対象とした中途採用の募集で勝ち抜くためには、自分が持っている経験やスキルを最大にアピールし、企業側に魅力的な人材として選んでもらわなければなりません。
これまでに携わったことのない新しい業界や業種に転職する場合、生かせる経験やスキルが足りないため、自分を魅力的な人材としてアピールすることが難しくなります。
「誰よりも深く興味を持っているから、やる気は人一倍あるから」という理由だけでは、中途採用の担当者を説得することはできないのです。

中途採用で異業種に踏み入ることの難しさを詳しくCheck!

一般的に大手企業といわれている一流企業に勤めている方の場合、好条件で転職できるケースは多いものです。

しかし、あまりにもフィールドが違いすぎるとスムーズに転職することは難しくなります。
たとえばBtoBサービスを行っている大企業から採用プラットフォームを作るITスタートアップ企業に転職したいという場合、一見有利にも思えますが壁は多くあります。
大手企業とスタートアップのIT企業では、産業の性格やビジネス規模などが大きく異なるもの。
人事や採用、企業文化などについての知識をつけていても、新業務につながる実務の経験などがなければ即戦力としてはみなされません。
どうしても新しい業界にチャレンジしたいという場合は、直接的でなくとも何らかのつながりを持てる経験をしておくことが必須です。

自分の確かなキャリアのために。今一度、転職について考えてみよう

自分の確かなキャリアのために。今一度、転職について考えてみよう

自分のキャリアと次に望む業界に共通点が見えないときや、異業種における自分のセールスポイントがうまくまとまらないときには、転職についてもう一度考え直してみることも必要です。

「本当に自分がやりたい仕事なのか」
「自分が活躍できる分野なのか」
「即戦力として自分を心からアピールできるのか」

高揚した気分を一度落ち着かせ、自分自身の経験やスキルと向き直ってみましょう。
新しい業界の企業で面接をすることを思い浮かべ、採用担当者の興味をひくことができないと感じる場合、経験だけでなく知識も足りないケースが多いもの。
「その仕事に挑戦してみたいから」「興味があるからきっと私に合うはず」という高揚感だけが前のめりになって、その仕事の細かなところには目が抜いていない可能性があります。
憧れの業種だからこそ、勝手に幻想を抱いているだけかもしれません。

「最近流行っている業界だから」「なんとなくかっこいいから」という不確かな理由でキャリアを決めるのはリスクが伴います。
もし運よく転職が成功しても、抱いていた理想と現実のギャップが大きかったり、自分への荷が大きくて対処できなかったりすることもあります。
挑戦は美しく価値のあるものですが、ときに深い落とし穴にはまってしまうことがあること、よく考えずに挑戦するのは時間のロスになること。
この2点をしっかりと心に刻んで、自分の転職についてよく向き合ってみましょう。

 

レファミーライフワーク
レファミーを始める▶▶▶