0 comments on “【300人にアンケート】転職のきっかけ / 会社を辞めるタイミングについて”

【300人にアンケート】転職のきっかけ / 会社を辞めるタイミングについて

古い仕事と新しい仕事

誰もが一度は転職をしようと考えたことがあると思いますが、その理由は人それぞれ。
転職活動の際にも転職理由は重視されますが、世の中の人々は一体どのようなきっかけで転職を決断しているのでしょうか。
また、転職に際し、現在勤めている会社を辞めるタイミングを見出すのも難しいもの。円満に退職したいと思うのが当然ですが、どのようなタイミングで辞めるのが最適といえるのでしょうか。

0 comments on “【アンケート】転職を考えた時に、相談をする相手は誰ですか?”

【アンケート】転職を考えた時に、相談をする相手は誰ですか?

握手し合うビジネスマンとビジネス服の女性

転職は人生のターニングポイントになるといっても過言ではありません。
職場や仕事内容が変わることはもちろん、生活や付き合う人々もガラリと変わります。
そのため転職は人生の中でも大きな決断となりますが、だからこそ誰かに相談をしてアドバイスや励ましが欲しくなりますよね。
世の中の社会人たちは、一体どんな相手に転職の相談をしているのでしょうか。
今回は、正社員として働く社会人100名を対象にしたアンケート「転職を考えた時に、相談をする相手は誰ですか?」(複数回答可)の結果をご紹介いたします。

 

転職を考えた時に、相談をする相手は誰ですか? アンケート結果

webアンケート調べ

第1位 「家族」に相談をする

今回のアンケートで最も高ポイントを獲得したのが「家族」でした。
家族であれば、自分のことのように親身になってくれるからこそ、相談しがいがあると感じるようです。家族に相談をすると回答した方の実際の意見をチェックしてみましょう。

一番近くで自分のことを見てきているのが家族なので、納得できる返事をもらえそう。
(神奈川県 20代 女性)

自分の将来のことに親身になってくれるのは、やはり他人ではなく家族だと思うので。
(埼玉県 40代 男性)

転職は人生を変える大きな出来事です。友だちに相談しても他人事だと思われるので、自分のように考えてくれる家族が一番相談しやすいです。
(千葉県 20代 男性)

unnamed (3)

第2位 「配偶者・恋人」に相談をする

家族に次いで2位となったのが「配偶者・恋人」でした。
とくに、配偶者に相談すると回答した人は多く、その理由は生計が関係しているからのようです。さらに詳しい意見を見ていきましょう。

結婚して家庭がある場合、生計を共にするので相談しないわけにはいかないです。
(東京都 20代 男性)

収入に関係する上に、家族の未来が左右される。人生の分岐点であると考えているため。
(神奈川県 30代 男性)

今後の人生を考えたときに、よくも悪くも転職で一番影響を与える人だから。
(神奈川県 30代 女性)

unnamed (4)

第3位 「友人」に相談をする

家族や配偶者ではなく、あえて「友人」に相談をするという回答も多く目立ちました。
理由はさまざまですが、どれも納得のいくものばかり。
友人に相談をすると回答した人の意見を詳しくチェックしてみましょう。

年齢や境遇が似ている上に、客観的に自分のことを分かってくれているのでアドバイスを受けやすいです。
(埼玉県 30代 女性)

すでに転職をした経験のある友人がいるので、経験者に相談をしたほうが頼りになる。
(東京都 30代 男性)

友人なら自分と考え方が近く、味方になってくれるし、背中を押してもらえそうだから。
(茨城県 30代 女性)

unnamed (2)

unnamed (1)

第4位 「自己解決」で済ませる

あえて人には相談をせず、すべて自分で悩み決断する「自己解決」を回答した人もいます。
なぜ人に相談するということを避けるのか、気になる意見を見てみましょう。

他の人のアドバイスで決めて後悔するより、自分のやりたいことを自分で決めて後悔したほうが良いと思うから。
(東京都 30代 女性)

自分の心が納得することしかできないからです。自分が転職したいと思ったら、ほかの人に反対されてもすると思うからです。
(東京都 30代 女性)

働くのは自分であって、決断は自分でする。心配をかけたくない気持ちもあり、転職が決まってから報告する。
(東京都 20代 女性)
unnamed

 

 

握手し合うビジネスマンとビジネス服の女性

上位4つまでの回答をピックアップしてご紹介しましたが、その他の意見の中には、「転職エージェントに相談をする」というものも複数見られました。
転職は人生のターニングポイントともいえる大イベントです。現状よりもすばらしい環境に身を置くためにも、転職の際は有益な意見を得ながら慎重に進めたいですね。

014

★レファミーを始める★

0 comments on “【アンケート】スタートアップ企業に就職したいと思う?”

【アンケート】スタートアップ企業に就職したいと思う?

長い人生の中でも、就職は大きなターニングポイントになります。どのような企業でどんな人々と出会い、どのような仕事をするのかによって、これからの人生が大きく変わる可能性もあるのです。社会人としての輝かしい未来を手にするためには、学生のうちから就職についてきちんと考え、しっかりと時間をかけて就職先を選ぶことが大切です。
そこで今回は、これから就職を見据えている大学生100名に対して、就職に関するアンケートを実施。最近よく耳にする、「スタートアップ企業に就職したいかどうか」という質問をしてみました。現役大学生たちのリアルな意見をチェックしてみましょう。

大学生に質問 アンケート結果

51%の大学生が「スタートアップ企業に就職したくない」

現役の大学生100名を対象に「スタートアップ企業に就職したいと思いますか?」というアンケートを行ったところ、YESとNOの回答がほぼ同等。51名が「就職したくない」を選びました。一体どのような理由でスタートアップ企業を避けているのでしょうか。早速、気になる意見を見ていきましょう。

【将来の安定性に不安があるから】

新しいことに挑戦できるという利点はあるかもしれないが、将来の安定性などを考えると、あまり就職は考えない。
(岩手県 女性)

未開拓の市場であるため成長はできると考えられるが、安定性に欠けていると思うから。
(愛知県 男性)

【社内制度や福利厚生に不安があるから】

基盤がしっかりしている大手と比較すると、会社に何かあったときの手当てや自分への影響が大きいと感じる。育児や出産についての福利厚生が弱いと感じます。
(神奈川県 女性)

少人数ゆえに、人間関係がこじれると面倒そう。また、教育制度があまり整備されていなかったり、仕事量のわりに給料が少ないなどのイメージがある。
(北海道 女性)

【実績や事業内容が不透明だから】

スタートアップの会社は、事業内容が不明なことが多い。よくわからない横文字が使われていたり、アットホームさを全面に押し出されても本当に仕事をしているのだろうか? と不安になる。
(京都府 男性)

実績のない企業という印象。大企業より柔軟な発想や行動ができるように思えるが、どうしても会社が不安定に思える。
(千葉県 男性)

49%の大学生が「スタートアップ企業に就職したい」

スタートアップ企業に不安を感じている大学生もいる一方で、ポジティブな印象を抱いている大学生も約半数います。「スタートアップ企業に就職したい」と回答した49名の大学生の回答で、中でも面白かったものをピックアップしていきます。

【会社と一緒に成長したい】

大手企業とはまた違った仕事のやりがいを感じられそうだから。会社が成長する段階を支えたいから。
(神奈川県 女性)

短期間で急激に成長を遂げるという点に惹かれます。新しいことを考えることが好きなので、ぜひ就職し、今までにはないものを造っていきたいなと思います。
(北海道 女性)

【新しい挑戦が楽しそう!】

何か新しいものを作り出すということは、心が躍り楽しそうだから。万が一事業が失敗しても、どうにかなる気がするから。
(広島県 女性)

新しいことにチャレンジできそうだし自分自身の成長にもつながるだろうから。
(愛知県 女性)

これからは普通の仕事を行うより、創造性が求められると思います。新しい部分に目を向けたり、正解がないことに挑戦することが楽しいと思ったから。
(神奈川県 女性)

階段を駆け上がる男性

今回のアンケートでは、就職先に求めるものが人それぞれ異なることがわかりました。
就職先や仕事に安定を重視するタイプの人はスタートアップ企業を避け、やりがいや自身の成長を大切にするタイプの人はスタートアップ企業に興味を持っているようです。
就職先を決めるときには、自身が仕事に対して一番に求めるものを考えるといいかもしれませんね。

「 魅力的な優良スタートアップ企業特選 」

レファミーで自身の成長を大切にできる企業を探してみてください!

【クリックすると採用ポジションヘ】

D      R1

s_studyplus.jpg      s_bitstar

0 comments on “【アンケート】転職した際に年収の10%の支援金をもらえたら何に使いますか?”

【アンケート】転職した際に年収の10%の支援金をもらえたら何に使いますか?

自身のキャリアアップや新しいチャレンジのために転職をする方は多いですが、できることならばお得感も得たいですよね。転職した際に、年収の10%の支援金がもらえれば、大きな臨時収入になります。転職にあたって新たに必要になるものを用意したり、記念として好きなことに使ったりと使用方法はさまざまですが、一般のビジネスパーソンたちは何に使おうと考えているのでしょうか?
今回は、ビジネスパーソン100名を対象に行ったアンケート「転職した際に年収の10%の支援金をもらえたら何に使いますか?」の結果をご紹介いたします。


第1位 少しでも将来のことを考えて……「貯金(47%)」

今回のアンケート結果で第1位となったのが「貯金」でした。100名中47名と、約半数もの人々が貯金と回答したことから、世の中には堅実的なビジネスパーソンが多いことがうかがえます。とはいえ、一体なぜ貯金をすると回答したのか、実際の意見をチェックしてみましょう。

転職後に何があるかわからないので、とりあえずは貯金しておいて何かの役に立つまでおいておきます。
(神奈川県 40代 男性)

貯金をして、そのお金を株式投資などの資金運用にしていきたいと思います。
(東京都 20代 女性)

旅行や引越しは予定がなく、生活費は無意識に使ってしまうものなので、貯金が妥当だと思いました。
(群馬県 30代 女性)

転職先であまり活躍できなかった場合に備えて貯金をしておきます。
(東京都 40代 男性)

第2位 転職前の贅沢に思い切って投資!「旅行(16%)」

貯金に次いで2位となったのは「旅行」でした。転職時の支援金をボーナス的に捉える人も多く、自分へのご褒美や転職前のリフレッシュとして、思い切った使い方をしようと考えたようです。旅行を選んだ方の実際の声をチェックしてみましょう。転職はリスクがある選択ですが、それでも応援してくれた家族と共にご褒美旅行でお祝いしたいです。
(栃木 40代 男性)臨時収入は贅沢をするのに使いたいと考えているから。金額的に、家族で近場の海外旅行か、国内旅行で豪遊するのにちょうどいい金額でしょう。
(埼玉県 20代 女性)今までに対しての、そして今後の生活前のリフレッシュとして旅行に行きたい。
(東京都 40代 男性)

第3位 ちょっぴりの贅沢も交えて「生活費(13%)」

転職支援金をあえて「生活費」として取り入れると回答した方もいました。
しかし、ちょっぴり贅沢をするためにという意見や、当面の生活費に充てて転職後の新生活の様子を見るという意見などがあり、同じ生活費でも目的は大きく異なるようです。それぞれの意見を見ていきましょう。
日々の生活費として使いたいです。少し良い食材を買ったり、日々の生活を少しだけ贅沢します。
(埼玉県 30代 女性)

生活が不安定になるかも知れないから対策として。遊興には使いません。
(東京都 40代 男性)

第4位 転職に備えて住居を変える!「引越し(6%)」

100名中6名と少数の意見ですが、転職に備えて「引越し」のために支援金を使うという方もいました。引越しにはまとまった資金が必要になることからも、支援金は心強い味方となってくれるでしょう。新しい場所で頑張りたいので、引越しをえらんでみました。引越しをすることで心機一転を狙いたいです。
(群馬県 20代 女性)転職した職場に通いやすく、仕事のモチベーションが上がるような物件を探したいです。引越しできるだけの支援金をもらえたら、職場選びに制限がなくなると思います。
(茨城県 40代 女性)

今回は1位から4位までの意見をご紹介しましたが、その他の意見として「転職に活かせる勉強のために支援金を使う」「資格取得のための軍資金にまわす」「スーツや靴を新調する」という意見もありました。

それぞれ異なる意見が集まりましたが、支援金がもらえるというのは転職者への強い励みになるようです。人生のターニングポイントとなる転職をして、自分に最適な職場と支援金を手に入れましょう!

 

logooo
レファミーを始める▶▶▶