2 comments on “What’s your 年収交渉? ~ 適正な給料もらえてますか? ~”

What’s your 年収交渉? ~ 適正な給料もらえてますか? ~

皆さんは、就業中、就職や転職する際に“年収交渉”を行った事はありますか?仕事をするうえで、お金の事はいつだって切っても切り離せない事です。

仕事の内容は良いけど。。
もしプラスして給料が少しでも上がるのであれば、、と思った事はないでしょうか?

働くうえで給与の事、年収交渉に悩んでいるあなたへのために、交渉の成功や失敗した人々のリアル経験談をご紹介します。

彼らの経験を通じてあなたも“会社の言いなり”だけではなく“交渉”してみるのもいいのではないでしょうか。

【デザイナー 女性 30代】

初めての会社を退職し、別の会社を探しているところだった。
私もいつのまにか焦っていたのだろう。。。

その時は同時に3~4つぐらい企業に応募していました。
そのうちの1つの面接の時、現場担当者、CTO、代表が面接官として順番に入って来ました。
最終面接まで1日で終わり、家に帰ったら、年収の提案メールが来ていたんです。
こんなに早く進行して、自分自身も職についていない事から焦っていたため、すぐにOKの返事をしました。

しかし今思えば、会社がこんなに早く連絡をするのは急ぎの募集であり、年収を提示された時すぐにOKをせず、一度検討して返事すると答えればよかったと少し後悔をしました。
年収を上げる機会だったのに、急ぎすぎた自分に反省です。

【エンジニア 男性 20代】

私が入社当時、会社はスタートアップで自身も新人であり、
給与を交渉するなどもちろん考えた事もなく、提示されたまま入社した。

会社は成長し続け、私の仕事量も増える一方だが年収には変化がなかった。
年収に対して一人悩んだあげく、勇気を出し代表を訪ねて話を直接聞くことにした。
びっくりしたことに、代表は私の年収をはっきりわかっていなかった。
そのため代表からいくら望んでいるかを聞いてもらい、思っていたより簡単に年収を上げることができた。

この経験により今後、私が思っていたほどもらっていないと思った時、
素直に自分の年収に関する考えを会社に伝えた方が良いと実感した。

【エンジニア 男性 30代】

私の主観では、年収を下げて転職するのは、
経験者からすると絶対にしない方が良いと思う。
前職の年収より下げた年収で転職した。
お金より、家からも近い事や、その他の条件が良かったなど、
安定的な職場を重要視していた為、その時は全く気にしていなかった。

しかし、実際に働いてみるとやっぱりお金に後悔することになり、仕事に集中できない自分がいた。結果的にまた転職した。

ただ、他に転職しようとした時、思ったよりもこの年収が大きく足を引っ張り、元の年収まで戻るには1年以上かかり、その過程はとても大変であった。

【コンサルタント 男性 30代】

年収を上げるのに一番良い方法はやっぱり転職だと思う。
転職する際に自分は、希望年収より少し多めに言う事にしている。
結果的に需給バランスだと思っていて、同じ人物・経歴なのに希望年収より少し多めに条件提示した2社ではA社では提示条件よりも下。B社では提示条件よりも上という状況。単純にお金だけでは比べられないけれど、言ってみるもんだと思うね。
もちろん、企業側からすれば当然年収をできれば抑えたいと思うけど。。。

【人事 女性 30代】

年収を高めるには、それなりの理由がないといけないと思うの。
私は職業柄、会社の採用担当や会社の立場を考えています。
なぜそれだけの年収を払わなきゃならないかを納得できる、させられるように心がけて条件の会話をするようにしています。
相手方の納得もいかないのに高い年収を提示したり、粘るとむしろマイナスと思っていますし、仮に採用になっても、人事や人事情報を知っている上層部からは入社前からイメージが悪くなることもありますね。

【広告系 女性 30代】

最終面接がゴールと考えず、年収交渉も面接の一部だと私は思っている。
年収交渉で上手くいかない知り合い、友達もたくさん見たし。
私自身も経験がある。
ただ、私も、知り合い・友人たちも共通しているのは、年収交渉も含めて採用プロセスと思っているってこと。

【エンジニア 男性 30代】

最高の福利厚生は年収に勝るという言葉があるが、私は違うと考えている。私の経験は、希望するレベルより年収を下げて、入社すると仕事のモチベーションも下がる。何事にも意欲が湧かなくなる。

【CS担当 女性 20代】

私の考え方は、自身の職務能力に比べ、あまりにも高い年収をもらっていることもよくはないと思う。年収を高くすれば、会社の期待レベルも高くなる。
期待がとても高いため、業務的なストレスが高く、入社当時でも適応するのに苦労をしかねない。また会社の規模が小さい場合、お互いがいくらぐらいの年収を受け取っているかを知ることもある。年収に見合った成果が出なければ、周りから期待外れなのになぜ私たちよりもらっているのという視線に疲れてしまっている人を見たことがある。

【営業 女性 20代】

中には新卒に高い年収を払う会社がある。高年収でうらやましいと思われるが、業務が合わないと次の転職が難しくなる問題がある。

ほとんどの人が、年収を下げて、転職をしないのではないか・・・
もっと高い年収をもらうために、もっと払ってくれる会社を見つけるのも大変だけど、仮にそのような会社があっても自分自身がそれに見合った仕事ができるのか?ストレスは半端じゃない気がする。

【事務 女性 30代】

一人暮らしをしている為、本当に自分が必要な生活費・家賃などを目安に月収をベースに伝えるようにしている。年収で話してしまうと相手に与える基準が大きく感じられる場合もあるので月々これぐらいは欲しいという言い方で伝えるようにしている。

選考が進むにつれどこかのタイミングで会社側で希望年収を聞いてくると思います。
ただ、求職者と会社の間に希望年収に差があるのは当然です。

求職者の立場では自身が考える最低年収があります。会社側より聞かれた際に答える金額というのは、様々かもしれませんが、中には最低年収を答える人もいます。

しかし、会社は求職者が提示する希望年収を最大年収だととらえるケースもあります。そのギャップから求職者が提示した希望年収がさらに下げられて提案されるリスクも考えておく必要があります。転職する際には、元々受けとっていた年収よりも少し上がればやはり嬉しいもです。

いろんなリサーチを通じて年収情報を調べて、現実的で合理的な年収を提案できるようにしていきたいものです。

そこでレファミーは上記の内容も元に少しでもアドバイスができればと、
ここだけでこっそり7つのコツを教えたいと思います。→こちら

0208
What’s your 年収交渉? ~ 知っておくべき7つのコツ ~

 

 

135

4 comments on “書類通過率が高まる履歴書を作成しよう!”

書類通過率が高まる履歴書を作成しよう!

レファミーでは履歴書を書く機能を提供しています。

履歴書をいざ書こうとすれば、なかなか書けないものです。
何を書く?
あるいはこれ書いていいの?
最初の自己紹介は?
また経歴もどのように書けばいいの?

もし、皆さんがこのような状況にいるのなら、下記の二人の人事担当者のアドバイスを参考しよう。もしかしたら履歴書をうまく書けるようになるかも?!

★ 人事担当者 紹介 ★

田中(左)
サービス運営を担当している。
企業と応募者とのマッチングのため、毎日応募してくる履歴書を確認している。
レファミーへ転職する前はヘッドハンターとして働いた経験がある。
応募者が自分に対してもっとPRをする機会をつかんでほしい。

鈴木(右)
内部採用を担当している。
履歴書を書こうとすれば戸惑ってしまうのは、私も同じです。
運営チームほどではないが、1日に数百枚の履歴書を見ている。趣味はモバイルゲーム。


Part1. 基本情報、経歴及びプロジェクト



基本情報

Q.基本情報の記入はそれほど難しくないが、それでも注意すべきことは?

鈴木:メールアドレスはよく確認しているものを記入する。
電話番号も間違わず記入すること。

電話がかかってくることは面接に進む可能性が高い事が考えられます。
中には電話が繋がらず、面接を受けられない人が多く見受けられます。
先日も一人電話が繋がらず、メールも確認せず面接のチャンスを逃してしまった人がいました。
非常に本当にもったいない。

実際、履歴書だけではなく、やりとりを行うメール本文にも連絡先がない人がいます。
必ず、連絡先を記入してほしい。

田中:個人によっては、メールだけでやり取りしたいかもしれない場合もあるんじゃないかな?

鈴木:人事担当者の立場では、二つともあったほうがいい。
早く連絡がつけばつくほど、当然採用プロセスが早まるから。

Q.基本情報としてメールアドレスと電話番号以外の情報は必要?

鈴木:履歴書にそのほかのものを書く必要はない。

田中:レファミーの履歴書作成機能は、初めからグローバルスタンダードを元に作成機能を提供しています。
そのため、写真の添付、性別の記入などを記入する必要は全くありません。
家族関係や趣味なども同じで、当然、先入観を持ちそうな情報も全て取り外されています。
もはや、世界的にはブラインド採用もしている時代です。

Q.大事なのは自己紹介、どうように書けばいい?

田中:何よりも自身が応募するポジションと関連する内容を記入しなければならない。

ソフトウェアエンジニアのポジションの場合。。。
主にスキルセットの言語を記入し、このポジションと関連したプロジェクトとプロダクトなどを簡単に書く。

ビジネスポジションの場合。。。
マーケティングをしたのか、事業開発をしたのか、職務内容をクリアに、
そして柔軟なコミュニケーション能力を持っているかなどを強調すればよい。

マーケティングポジションの場合。。。
業種などにより分野が多様であるため、自分がしてきた分野が特に重要である。
パフォーマンスマーケターは自分が使ったツールを記入すればよい。
会社によって好むツールが異なるからだ。

Q.自己紹介はなぜ長く書く必要がない?

田中:3~5行ぐらいの内容で十分。長いと読む気がなくなる。自分の強みを簡略に要約すべし。

鈴木:名言を引用して自分の性格などをアピールする人もいるが、それはやめてほしい。
とくにスティーブ・ジョブズ氏の言葉がよく引用される(笑)

人事担当者は一日に、履歴書を数十枚/数百枚見るため、本人の強みを明確簡略にアピールできるものがいい。
個人的には履歴書が3枚を超えると、見たくない。

経歴&プロジェクト

Q.経歴を書くときに注意点は?

鈴木:経歴は必ず最新順で記入しよう。
一番知りたい職務経歴は一番最新のものであり、過去のものであればあるほど、
応募者の今のキャリアとかけ離れている為。

要するに古い経歴は応募者への参考情報ではない確率が高い。
もし職場を10回転職した人が10年前の初めての経歴を最初に記入されていれば、
なぜそのように記入したかその意図を知りたくなる。

田中:企業でもどの部署の所属であったかを書いてほしい。正確な役割がわかりやすくなる。

鈴木:その通り!また、自分が働いていた会社が一般的に知られている有名企業であれば書かなくてもかまわないが、
あんまり知られてない外資系企業や、特定産業の企業であれば簡単にその企業情報を入れるのがいい。

Q.新卒は経歴に何を書けばいい?

田中:新卒の場合、書ける経歴が少ない。
実務経験があるのは恐らくインターン経験だけだろう。
自分がアピールできる大学以外での活動などを入れよう。

Q.経歴欄にアルバイト経験を書いてもいいのか?

鈴木:例えば・・
事業開発ポジションに応募したが、履歴書に書いたサービス業でのアルバイトの経験が、人事担当者の目にとどまるだろうか?
そのような経験は履歴書よりは、自己紹介書や面接の際に、
該当の経験で自分が何を学んだという観点から話せばいいと思う。

田中:自分が応募したポジションにインターン経験を2つ、アルバイト経験を1つくらいで書くのはいいだろう。
ところでアルバイト経験が多いからと言って採用にはなんの影響もない。
かえってバイト経験を強調しないほうがいいと思う時もある。
人事の担当者からみると、学校の時代は勉強に専念するのが大事で、
インターンや部活以外はあんまり、目を引くものはない。

Q.プロジェクトの良い書き方とは?プロジェクトは、できれば多いほうがいいのか?

田中:多いほどいいわけでもない。
自分が行ったプロジェクトをすべて並べるよりは、
人事担当者にアピールできるものをピックアップする。
そして、応募するポジションと関連があるものを記入しよう。

普通は、履歴書を書く際に2~3つのバージョンを作る。
プロジェクトマネージャー、事業企画、ジェネラル・マーケッターのように応募するポジションによって自分が行ったプロジェクトを選別記入するのがよいだろう。

鈴木:期間は、プロジェクトのスケールを判断できるものさしであることに気づくべき。
そして、フリーランサーとして短期的にプロジェクトをいくつした事と、
一つの企業で一年間、持続的にプロジェクトを行うことは断然に意味が違う。

プロジェクトの期間で応募者が短期又は長期プロジェクットの中、
どちらを得意にしているかを判断できる。
次はプロジェクトの概要、そこで自分の役割、そして成果などを書く。
また、貢献度。特にデザイナーの場合、貢献度をよく見ている。

本人の業務力量を多く見せるのはいいが、その結果がどうだったのかが重要な判断要素になるので具体的な成果を必ず書こう。

私が言う具体的な成果は、アプリを作ったのであればどのくらいのアプリがダウンロードされ、
どこに選ばれたのか、あるいはマーケティングが終わり、15%のコンバージョン率がなったとかいう数値化された結果だ。
個人でアプリを作り発売されたが、意外に2万ダウンロードがあったとすれば、
それも十分に市場で認めてもらえたことだ。

鈴木:イベントに関連してマーケターを採用の場合、
履歴書にどんなイベントを開催したとだけを書いている人が多い。
ただ、それは何人規模のイベントであったのか気になる。
イベントの規模など具体的な数値を言及すれば、これはかなりの有意義な参考情報となる。

人事担当者の目をひくためには、このポジションにあうか関連性が高い情報が記入されている上、
すぐ目にとどまらなければならない。そのため、読みやすさが重要である。

Q.例外もあるのか?

田中:デザイナーはやや例外だ。
デザイナーは履歴書様式も多様でユニークなケースである。
ただしデザイナーも、開発者も、言語ごとにを入れると良い。
上級/中級/初級などに区分をつけてほしい。

●履歴書作成はこちら⇒⇒⇒●

Part2. 学歴&受賞記録など&言語&リンク

学歴

Q.成績を記入する欄がない。

鈴木:成績がその人の業務遂行力を表すものではい。
その為、選択的に入れられるようにした。
新卒は成績をよく記入するが、経歴がある応募者の場合、成績より大学(院)過程でどんなゼミに入ったか、
あるいはどんな論文を書いたかが、採用プロセスに役立つ。

Q.学歴を書くときに気をつけなければいけないところはある?

鈴木:学歴を偽ってはいけない。また、卒業か、修了か、中退かなどをはっきりすべきである。

田中:そしてあたりまえの話だが、入学と卒業時期を必ず記入しなければならない。

受賞及びその他の項目

Q.受賞記録、その他などの項目はなぜ作ったのか?

鈴木:まずは部活などで受賞したことを入れる為である。
また、その他にボランティア活動をしたり、開発者コミュニティでイベント企画をしたり、
デザイナーグループで活動をしたりというが活動から応募者の良さをさらに見つけられる。

中には、経歴や学歴よりその他の活動をたくさん書く人がいる。
しかし、その必要はない。
開発者として応募したのに美術大会にて入賞したなどの経歴は必要ないということだ。

田中:新卒がボランティア活動を記入するのはプラスだが、人事担当者の目を引くものではない。


Q.その他の欄にはどんな内容を記入すれば良いか?

田中:MicrosoftOfficeやPhotoshopのようなスキルを記入するのもいい。
履歴書の自己紹介や自己PRなどにに入れるのもいいが、ここに入れるのもいい。
そうすれば応募者の業務環境がわかりやすい。

言語


田中:公認試験点数を入力する。
その他の会話レベルは追加的に記入する。ビジネスレベル、ネイティブなど。

鈴木:本人の英語検定試験等の成績を記入する際は、合格日を必ず書くこと。
TOEICも有効期間がある。例えば有効期間が過ぎていて何も記入しないよりその合格日と共に記入した方がいい。
何かしら語学力を判断ができるものを記入するのが大事。


Q.外国語の中で一番人気のある言語は何か?

田中:最近では英語は基本である。企業の中でも多国籍企業も多く、もし海外へ進出する計画がある場合、英語ができる人材を好む。次に中国語である。今は、特にトレンド的な言語である。

リンク

Qどのようなリンクを記入?

鈴木:ポートフォリオが外部ウェブサイトにある場合、ポートフォリオを入れ、
コンテンツポジションの場合は、自分のブログ/個人ホームページURLを添付する。

田中:Facebookや、LinkedInのプロフィールを記入することもできる。
開発者は、GitHubという開発ソースを集めているサイトが人事担当者から見て、スキルセットを把握できるものになる。

デザイナーも自分のホームページあるいはBehanceのようなページを記入する。
業務上、どんな結果を出したかを示すサイトをリンクすることが重要だ。


Q.注意すべきことは?

鈴木:デザインの場合、リンクだけでポートフォリオを見せる場合があるが、
まだ多くの人事担当者がポートフォリオをファイルとして受けとることを好んでいる。
どうせなら両方の方法を勧める。
一部の会社では応募者が提出するすべての書類や資料を、印刷して持ってくるようにしているところもある。

●履歴書作成はこちら⇒⇒⇒●

Part3.そのほかの質問

Q.履歴書ファイル名をどのように保存すればよい?

田中:一般的に応募する際、[企業名/ポジション名]を入れなければいけない。
しかし、レファミーでは一つの履歴書で複数の会社に同時に志願できる為、
[名前/履歴書]もしくは[名前/職務経歴書]のようにしたほうが良い。


Q.履歴書を書く際に気をつけるべきことは?

鈴木:あたりまえだが嘘は絶対だめです。
履歴書の内容は、面接で聞かれることがある。偽って作成した内容は人事担当者は結構見抜ける。
たとえば私がアプリをローンチングしたが、10万ダウンロードを達成したとしよう。
そこまで達成した過程を必ず聞いてくるだろう。しかし、偽りならばすぐに分かる。

鈴木:希望年俸を履歴書に記入する人もいるが、面接をしながら、自然に話すほうがいいと思う。
年俸は、待遇の話段階で話しても遅くない。


Q.個性あふれる履歴書はどう?

鈴木:ゲーム会社へ在職していた当時、いわゆる’そのような履歴書’をたくさん見た。
QAや企画者に応募している人が、自分の写真と一緒にゲーム大会経験を書いていた。
私もゲームが好きだけど、大会で上位何%まで行った事とかは採用プロセスに役には立たないと考えればよい。

プロゲーマーになろうとした過去のトライなどでもなければ、むしろマイナスイメージ。
個性ある履歴書を書くために時間をかけるよりは、一般に使われた様式で作成した方がいい。


Q.履歴書ではなく自己PRは?

田中:新卒は自己PRをたくさん書く。自己PRを書く時、成長過程を書かなくてもよい。
私がまわりと比べ、考え方、経験の違いなどをアピールするのはいいが、
一般的なみんながよく書く内容ならば、むしろ思い切って省略するべき。

鈴木:人事担当者は自己紹介書を全て読んだりはしない。
ただ述べるような書き方よりは【見出し】を入れるといいかも。
例えば、【意思疎通の達人】とし、続けて内容を書く。
このように伝えたい内容をまず見出しに書くと、目に入りやすく気になる見出しは読むかも。

Q.その他のコツは?

鈴木:ファイル形式もとても重要だ。ワード、エクセルなどはダメ。
人事担当者が履歴書を修正することはない。必ずPDFがいい。
PDFはマック/ウィンドウ関係なく、どのコンピューターでも応募者本人が作った履歴書がみられる。

田中:その通りだ。
時代が変わったものの、まだ履歴書をプリントして見ている企業が存在している。
その為、ポートフォリオを含め、すべてのファイルは必ずPDFにて提出すべきである。

鈴木:また、定期的に履歴書をアップデートすることをお勧めする。
企業側がホームページで望む人材あるいは社員への期待などについて書いているものがあればそれに合わせて自分の良さをアピールするとなおよし!


Q.最後の質問でよい履歴書とは?

鈴木:読む時間が限られる中、応募者の良さを効果的にアピールできる履歴書。
人事担当者の時間は決まっているからだ。
そのような履歴書を書くためにはやっぱり努力と工夫をしなければならない。

田中:何と言っても読みやすいのが一番重要だ。
その為、簡潔かつ正確な情報が伝わってくる履歴書。
新卒は言いたいことをちゃんと伝えないことが多い。
簡潔な内容の中にも自分の長所を上手く伝えてほしい。
履歴書は知らない人に自分をアピールする要約説明書である。

今すぐレファミーで、履歴書を作成してみよう。

履歴書作成:http://bit.ly/2AhRsQi
履歴書サンプル:https://goo.gl/wwqFeX
レファミーを始める:http://bit.ly/2Ad30o6

レファミー経由で採用されると最大で20万円の転職祝い金がもらえる。
友達に求人をシェアした方へギフトカード10,000円分ゲットのチャンスも!
転職がたのしくなる、レファミー