0 comments on “【アンケート】転職した際に年収の10%の支援金をもらえたら何に使いますか?”

【アンケート】転職した際に年収の10%の支援金をもらえたら何に使いますか?

自身のキャリアアップや新しいチャレンジのために転職をする方は多いですが、できることならばお得感も得たいですよね。転職した際に、年収の10%の支援金がもらえれば、大きな臨時収入になります。転職にあたって新たに必要になるものを用意したり、記念として好きなことに使ったりと使用方法はさまざまですが、一般のビジネスパーソンたちは何に使おうと考えているのでしょうか?
今回は、ビジネスパーソン100名を対象に行ったアンケート「転職した際に年収の10%の支援金をもらえたら何に使いますか?」の結果をご紹介いたします。


第1位 少しでも将来のことを考えて……「貯金(47%)」

今回のアンケート結果で第1位となったのが「貯金」でした。100名中47名と、約半数もの人々が貯金と回答したことから、世の中には堅実的なビジネスパーソンが多いことがうかがえます。とはいえ、一体なぜ貯金をすると回答したのか、実際の意見をチェックしてみましょう。

転職後に何があるかわからないので、とりあえずは貯金しておいて何かの役に立つまでおいておきます。
(神奈川県 40代 男性)

貯金をして、そのお金を株式投資などの資金運用にしていきたいと思います。
(東京都 20代 女性)

旅行や引越しは予定がなく、生活費は無意識に使ってしまうものなので、貯金が妥当だと思いました。
(群馬県 30代 女性)

転職先であまり活躍できなかった場合に備えて貯金をしておきます。
(東京都 40代 男性)

第2位 転職前の贅沢に思い切って投資!「旅行(16%)」

貯金に次いで2位となったのは「旅行」でした。転職時の支援金をボーナス的に捉える人も多く、自分へのご褒美や転職前のリフレッシュとして、思い切った使い方をしようと考えたようです。旅行を選んだ方の実際の声をチェックしてみましょう。転職はリスクがある選択ですが、それでも応援してくれた家族と共にご褒美旅行でお祝いしたいです。
(栃木 40代 男性)臨時収入は贅沢をするのに使いたいと考えているから。金額的に、家族で近場の海外旅行か、国内旅行で豪遊するのにちょうどいい金額でしょう。
(埼玉県 20代 女性)今までに対しての、そして今後の生活前のリフレッシュとして旅行に行きたい。
(東京都 40代 男性)

第3位 ちょっぴりの贅沢も交えて「生活費(13%)」

転職支援金をあえて「生活費」として取り入れると回答した方もいました。
しかし、ちょっぴり贅沢をするためにという意見や、当面の生活費に充てて転職後の新生活の様子を見るという意見などがあり、同じ生活費でも目的は大きく異なるようです。それぞれの意見を見ていきましょう。
日々の生活費として使いたいです。少し良い食材を買ったり、日々の生活を少しだけ贅沢します。
(埼玉県 30代 女性)

生活が不安定になるかも知れないから対策として。遊興には使いません。
(東京都 40代 男性)

第4位 転職に備えて住居を変える!「引越し(6%)」

100名中6名と少数の意見ですが、転職に備えて「引越し」のために支援金を使うという方もいました。引越しにはまとまった資金が必要になることからも、支援金は心強い味方となってくれるでしょう。新しい場所で頑張りたいので、引越しをえらんでみました。引越しをすることで心機一転を狙いたいです。
(群馬県 20代 女性)転職した職場に通いやすく、仕事のモチベーションが上がるような物件を探したいです。引越しできるだけの支援金をもらえたら、職場選びに制限がなくなると思います。
(茨城県 40代 女性)

今回は1位から4位までの意見をご紹介しましたが、その他の意見として「転職に活かせる勉強のために支援金を使う」「資格取得のための軍資金にまわす」「スーツや靴を新調する」という意見もありました。

それぞれ異なる意見が集まりましたが、支援金がもらえるというのは転職者への強い励みになるようです。人生のターニングポイントとなる転職をして、自分に最適な職場と支援金を手に入れましょう!

 

logooo
レファミーを始める▶▶▶
0 comments on “#私_転職する ~story02~”

#私_転職する ~story02~

ワーク・ライフ・バランスがとれた働き方をしていますか?

レファミーはあなたのLIFEWORK探しをお手伝いします。
そして、#私_転職する シリーズを通じて何かのきっかけになれば。。
レファミーでは働く皆さんを応援しています!

0 comments on “#私_転職する ~story01~”

#私_転職する ~story01~

転職をする時に相談する相手は誰ですか?

仕事をやめる時、転職を決断する時は人生の大きなイベントの1つですよね。

そもそも相談するの?しない?から始まり、相談相手は家族?友人?上司?同僚?・・・

皆さんならどうでしょう?

レファミーでは、少しでも決断する時の参考になれればと思いサクセスストーリーをご紹介します。

 

014
レファミーを始める▶▶▶

 

2 comments on “書類通過率が高まるファイルフォーマット★Top3★”

書類通過率が高まるファイルフォーマット★Top3★

 

思いのほかたくさんの人々は見落とす部分があります。
それは、履歴書のファイルフォーマットです。

『フォーマット?本当に重要なの?』
そうですよね。

フォーマットは本当に重要なのか疑問に思う方もいらっしゃるかもしれません。

私も経験がありますが、昔と違いファイルでシステムにアップロードしたりするのが当たり前の現代。

弊社が5万人以上のフォーマット別の合格率の分析した結果、ファイルフォーマットによって書類通過率に2倍以上の差がある事がわかりました。
驚きませんか?

★☆結果発表☆★

第3位

エクセル xlsx(6.6%)

第2位

ワード docx(8.5%)

ワード (8.5%)は実際、はるかにたくさん使われている傾向はあります。

 

それでは!!!
一番高い通過率を見せてくれるフォーマットは?

それは!

第1位

PDF pdf(11.2%)

PDFは利用者へパソコン環境関係なく読むのに最適化されたフォーマットです。

弊社のBlogでも人事担当者の意見を紹介していますが、
(Blog参照元:詳しくはコチラ⇒⇒⇒ )

ファイル形式もとても重要だ。ワード、エクセルなどはダメ。人事担当者が履歴書を修正することはない。必ずPDFがいい。PDFはマック/ウィンドウ関係なく、どのコンピューターでも応募者本人が作った履歴書がみられる。

その通りだ。時代が変わったものの、まだ履歴書をプリントして見ている企業が存在している。その為、ポートフォリオを含め、すべてのファイルは必ずPDFにて提出すべきである。

担当者の意見もあるならフォーマットの重要差が伝わってきますよね。

そもそも、忙しい人事担当者は多い時は、1日に100件以上の履歴書に目を通します。
その際にパソコン環境の影響で履歴書が開かないということになれば、
その時点でアウトになるリスクもあります。

たかがPDFですが、そのようなリスクを考えるとあなどれないですよね。

ちなみにreferme履歴書は

✔pdfに変換が簡単!

✔ウェブやアプリどこででも作成可能であり、

✔アップデートも簡単!

すぐに応募可能な便利さと、見やすい様式の履歴書

referme履歴書を上手く使いながら書類通過率を高めましょう。

 

 

resume
レファミーで履歴書を作成する

 

 

20

0 comments on “年収交渉のため 知っておくべき7つのコツ”

年収交渉のため 知っておくべき7つのコツ

nego
What’s your 年収交渉? ~ 適正な給料もらえてますか? ~

皆さんは、就業中、就職や転職する際に“年収交渉”を行った事はありますか?
仕事をするうえで、お金の事はいつだって切っても切り離せない事です。

仕事の内容は良いけど。。
もしプラスして給料が少しでも上がるのであれば、、と思った事はないでしょうか?

働くうえで給与の事、年収交渉に悩んでいるあなたへのために、
交渉の成功や失敗した人々のリアル経験談をご紹介します。 続きを読む


02
What’s your 年収交渉? ~ 知っておくべき7つのコツ ~

年収交渉とは?

みなさんご存知と思いながらも、これから初めて転職する方もいらっしゃると

思いますので、念のため、年収交渉の説明を致します。 続きを読む

2 comments on “What’s your 年収交渉? ~ 知っておくべき7つのコツ ~”

What’s your 年収交渉? ~ 知っておくべき7つのコツ ~

年収交渉とは?

みなさんご存知と思いながらも、これから初めて転職する方もいらっしゃると思いますので、念のため、年収交渉の説明を致します。

年収交渉は入社可能性のある志願者が年収や福利厚生の金額と内容を会社側と話し合い、お互いに合意するプロセスです。

flat vector business man choose the way between low risk and high risk concept and business finance investment concept.

就職、転職活動中の面接の際、聞かれる希望年収。
皆さんはどのように答えていますか?

交渉は双方合意を得ることが重要なので、敵対的あるいは完全に受け身である必要はありません。もし交渉することが気難しいと感じたら、相手もあなたと同じだと思ってください。

ただ、交渉は年収・給与だけでなく、ボーナス、ストックオプション、休暇、その他の福利厚生なども網羅しておく必要がありますので忘れないようにしましょう。

年収交渉をする前に、必ず知っておくべき7つのコツ

1.適切なタイミングを待つ。
面接を受ける時、会社側から先に年収の提案を切り出すまでは年収交渉の話を自ら先に出さないことが良い。

『お金の優先順位が高く、金額が高い企業に結果行ってしまうという印象を人事に与え易い。』

 

2.数字を先に提示しない。
いくら年収が欲しいか?という質問を受けた場合、ポジション・業務内容を詳細に知りたい旨を伝えること。また、福利厚生やその他補償がどうなっているかを確認しましょう。
福利厚生やそれ以外の補償によって異なると答えておくと自分の納得感も上がり、人事にとっても印象が良いです。

『そもそも、仕事の難度や役割と給料は連動するもの。自身が給与だけで会社を判断、評価していない事につなげて話す事がポイント』

 

3.データを基準に年収を提示する。
もしあなたが先に数字を提示しなければならない状況であれば、あなたがリサーチした年収情報に基づいて提案してください。このようなリサーチはあなたの交渉能力を会社に知ってもらえるために必要です。

『特に交渉に入っている企業の相場は年収情報がわかるウェブサイトや、知人からの情報などで知っておきましょう。□社:28歳:営業主任:〇〇○万など』

 

4.間をあけることも時には重要。
年収の提示を受けたとしても、直ちに契約あるいは(拒否)する必要はありません。判断に迷う時は、”検討してみます”という返答により、最初の提案よりも高い年収を提案されるかもしれませんし、少なくとも間違った判断を下すことは無くなりますよね。

 

5.断ることで、企業側から高い条件を提示することも。
あなたが、仕事内容や条件に納得感が無い場合に断ることで、もっと高い年収の提案を受けるかもしれません。

『私は気が進まないと思った3社を断ったが、その3社から高い年棒を提案するという電話を受けた』という事例もあります。

 

6.あなたが本当に望む仕事であれば断らない。
5と真逆のお話しになりますが、交渉にはリスクが付きものです。あなたが本当に望む仕事であれば慎重になるべきでもあります。会社はあなたが断ったために次の候補者にその機会をあげる可能性もあります。

 

7.年収以外のその他の条件交渉も重要。
年収交渉以外でも、他に交渉可能な補償などがあれば一緒に検討すべきです。何よりも重要なのは、会社と年収交渉をする前に、この仕事が自分にとってどれほどの価値があるか、またあなたの職務能力と経歴を会社でどれほど求めているのかを知ることです。

 

 

135