レファミーブログ内画像 週4日勤務アンケート

毎日忙しく働く現代人にとって、週末の休日は絶対に欠かせないものです。
趣味のために時間を使う人もいれば、休日はとにかく家で寝ていたいという人もいるでしょう。
休日の使い方は人それぞれですが、ほとんどの人が土日の2日間があっという間と感じていると思います。
叶うことならば、土日だけでなくさらにもう1日を休日にして、週3日休日制にしたいですよね。

もし、この夢のような週4日勤務、週3日休日制度が全面的に導入されることになったら、休み方を考えなければなりません。
そこで今回は、日本と韓国の2か国のビジネスパーソンを対象にアンケートを取ってみました。現代人が考える理想の休み方について見ていきましょう。

「週4日勤務」が導入されるなら、どのように休みたい?

1週間のうち、勤務日数が4日で休日が3日という制度が全面的に導入された場合、どのように休日を設けるかを考える必要があります。
一般的に考えられるのが、現存の土日休みに追加するように、月曜日か金曜日を休みにするというケース。
土日月または金土日と3連休になるので、まとまって休みを取ることができます。
この一方で、毎週3連休もいらないから週の中日を休みにしてほしいと考える方もいるでしょう。
この場合、平日の真ん中にあたる水曜日を休日にするというアイディアもあります。
「月曜または金曜休みの週末3連休派」と「水曜休みで週の真ん中を休みたい派」どちらを支持する人が多いのでしょうか。
気になるアンケート結果を見ていきましょう。

【アンケート結果発表】週4日勤務の場合、どのように休みたい?

日本と韓国のビジネスパーソンを対象に、「幸せな想像をしてみました。
奇跡のように週4日勤務が全面導入され、平日で1日休みを取れるなら、どちらを選びますか?」というアンケートを行いました。
そのアンケート結果が以下の通りです。

【アンケート結果発表】週4日勤務の場合、どのように休みたい?

レファミーブログ内画像

月曜または金曜休みの週末3連休派……50%
水曜休みで週の真ん中を休みたい派……50%

レファミーブログ内画像

月曜または金曜休みの週末3連休派……47%
水曜休みで週の真ん中を休みたい派……53%

以上のことからわかるように、日本では完全なるフィフティフィフティの2分化がされ、韓国では多少の差が出たものの、ほとんどフィフティフィフティと言える結果となりました。
同じアジア圏に属す隣同士の国とはいえ、文化やビジネスシーンでは大きく異なる日本と韓国。
それでもアンケートの結果には大差なく、3連休派と週の真ん中を休みたい派、それぞれの思う部分があるようです。

【アンケート結果発表】週4日勤務の場合、どのように休みたい?

週休3日の週4日勤務制、こんなゆとりのある働き方が実現できたら夢のように嬉しいですよね。
身体を休めるため、趣味を楽しむため、ストレスフリーで働くために自分の時間をしっかりと作ることができます。
休む時間が増えるので必然的に勤務時間の週合計は減りますが、しっかりと休むことで体力や気分がリフレッシュされ、かえって仕事の効率が上がるかもしれません。
とはいえ現状で週4日勤務制を実現させることはなかなか難しいでしょう。

しかし、週4日勤務こそ叶わないものの、自分の時間を好きなように使いながら働くという方法であれば現状でも可能です。
フレックスタイム制度を導入している企業であれば、通勤時間や退勤時間を自分のスケジュールに合わせて決めることができるので、体調や気分に合わせてゆとりを持って働くことができます。
通勤ラッシュの時間帯を避けたり、子どもの保育園のお迎えに合わせたりして出退者をすることも可能です。
出勤日数は変わらなくても、勤務時間の自由化を図ることで心に余裕が生まれます。
現状の仕事にあまり満足していないという方は、ぜひフレックスタイム制度を導入している企業への転職を考えてみてはいかがでしょうか。

 

レファミー内 ワークライフバランス画像
ワークライフバランス企業特選

logo_wide copy

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください