古い仕事と新しい仕事

誰もが一度は転職をしようと考えたことがあると思いますが、その理由は人それぞれ。
転職活動の際にも転職理由は重視されますが、世の中の人々は一体どのようなきっかけで転職を決断しているのでしょうか。
また、転職に際し、現在勤めている会社を辞めるタイミングを見出すのも難しいもの。円満に退職したいと思うのが当然ですが、どのようなタイミングで辞めるのが最適といえるのでしょうか。

今回は、男女300人を対象にして行った「転職を考えるきっかけは何でしたか?」「会社を辞めるベストタイミングとは?」という2つのアンケートを基に、転職理由と退職のベストタイミングについて考えていきましょう。

新しい人生に向かって! 転職を考えるきっかけとは?

図1

レファミーアンケート調べ

| 給与・待遇への不満(31%)

転職を考えるきっかけは何ですか? というアンケートで最も多く回答を得たのが「給与・待遇への不満(31%)」でした。一見するとポジティブな回答ではないと思われがちですが、仕事をするにあたって給与や待遇はとても重要な要素です。

「現状よりももっと収入を上げて生活を豊かにしたい」
「環境のいい職場に身を置いて仕事のパフォーマンスをアップさせたい」
このように望むのは当然のことであり、転職を考える正当なきっかけといえます。人生の中で仕事に欠ける時間はとても長いもの。その時間を有意義に使うためには、給与や待遇という対価が重要であり、自身が納得できることが大切といえます。

| キャリアアップの為(21%)

別の回答では「キャリアアップの為(21%)」も多く見られました。
一昔前までのキャリアアップといえば、入社した会社の中でスキルを磨き役職や収入を上げていくという意味合いで使われていましたが、近年では転職によって新しい役職や仕事、スキルを獲得していくという意味合いで使われることが多くなっています。
もちろん、1つの会社で努力を積むことでもキャリアアップは可能です。しかし、転職をすることでよりその業界のさまざまな面を見ることができ、知り合う人々も増えます。知識量や経験が増えるため、よりキャリアアップがしやすいといえるでしょう。

会社を辞めるベストタイミングは?

図3

レファミーアンケート調べ

| 現在の業務・プロジェクトに区切りがついた時(48%)

「会社を辞めるベストタイミングは?」というアンケートで、300人のうち半数近い方が「現在の業務・プロジェクトに区切りがついた時(48%)」という回答を選びました。
いくら転職をすると強く決断したとしても、現在手掛けている仕事を放棄するようなことは社会人としてマナー違反といえます。円満に会社をあとにして、新しい仕事を気持ちよくスタートさせるためにも、自身が関わっている仕事はきちんと最後までやり遂げることが重要です。

| ボーナスの後(22%)

社会人にとってボーナスは大きな楽しみの1つといえます。
リフレッシュ旅行や資格取得のためなど、ボーナスを使ってお楽しみの計画を立てている方も多いでしょう。とくに、転職をする方にとって、ボーナスは大きく役立ってくれます。
新しい職場のためにスーツ一式を新調したり、勉強のために使ったりできるので転職者の心強い味方となってくれます。
このことから、ボーナスをもらった後に会社を辞めるというのはベストタイミングといえるでしょう。

パソコンを操作する人

転職は人生の中でも大きな決断となり、自身の成長や生活などあらゆることに大きく関わります。少しでも転職という文字が頭に浮かんでいるのなら、勇気を持って一歩踏み出してみることをおすすめします。転職をすることで、自分の可能性と新たな一面に出会うことができるかもしれませんよ。

logo_wide copy

★レファミーを始める★

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください