転職では面接が必ず行われますが、いい印象を残して採用を勝ち取るためにはあらかじめ準備をしておくことが大切です。そこで今回は、転職の面接前に確認しておきたい4つのポイントをご紹介いたします。

転職活動の要といえるのが、面接です。自分の人柄や強みなどを知ってもらい、企業にどのような貢献ができるかというアピールを100%出し切らなければなりません。
そのためには、面接の前に入念な準備が必要といえます。


希望の企業や憧れの業界の仲間入りを果たすためにも、転職の面接を成功させるための4つのポイントをチェックしておきましょう。

転職に自信をつけよう! 面接に大切な4つのこと

1. 転職理由と志望動機に一貫性を持たせる

転職の面接では、転職理由と志望動機が必ず聞かれますが、この2つの質問には一貫性を持たせることが大切です。
転職理由が「専門的な業務に集中できる環境に行きたいから」なのに対し、志望動機が「自分の可能性を広げていろいろなことにチャレンジしたいから」という回答では大きな矛盾が生じてしまいます。
面接官を納得させるためには、転職理由と志望動機に一貫性を持たせ、矛盾がないかをしっかりと確認しておきましょう。

2. 志望した企業の勉強を徹底しておく

転職をするにあたって、複数の企業に応募する方は多いと思いますが、時間がないからといって志望した企業の勉強を怠るのはNG。
転職の面接では、自身がどのように企業の役に立つかをプレゼンテーションする必要があります。しかし、企業の経営理念や事業内容をしっかりと把握できていないと、自身の経験やスキル、強みなどがアピールポイントにならないという事態が起こってしまいます。
大まかな事業内容だけでなく、細かなサービスまでしっかりと予習しておくことが大切です。

3. 自身のスキルの活かし方や企業での働き方のビジョンを明確に

一般的に転職の面接では、「即戦力になる人材か」「有益な能力やスキルを発揮してくれるか」ということが重視されます。もちろん人柄なども大切ですが、企業にメリットをもたらす人材であるかどうかが選考ポイントになるのです。
そのため、自らでどんどんとアピールをしていかなければなりません。これまでの経験や資格などスキルについて説明することはもちろん、そのスキルなどを活かしてどのように企業に貢献をするのか、自身が描く詳しいビジョンきちんと説明をしましょう。

4. 給与交渉は二次面接や内定後に行う

転職をするにあたって、スキルアップに加え収入アップを狙う方は多いでしょう。
しかし、第一次面接などでいきなり給与交渉を持ちかけるのはNGです。はじめて企業を訪れ、まだ会って間もない相手に対し、お金の話を根掘り葉掘り聞くのは好ましくありません。「収入のためだけに転職をするのでは?」という印象を持たれる可能性もあるため、一次面接で給与交渉をするのは堪えましょう。
二次面接の逆質問のときや内定後に面談をしたときに行うのがおすすめです。

20180606_02

転職は、綿密な準備を重ねた方ほど成功しやすいといえます。まずは自身のアピールポイントやスキルを書き出し、転職を有利に運んでくれる武器を見つけましょう。
その後、ストーリーを組み立てて志望動機や自己アピールを作り上げていきます。質疑応答の練習なども行って、自信を持って面接に臨むことが大切です。
1つ1つしっかりと準備をしてスマートに転職を行い、憧れの仕事を手に入れましょう。

 
logo_wide copy

★レファミーを始める★

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください