握手し合うビジネスマンとビジネス服の女性

転職は人生のターニングポイントになるといっても過言ではありません。
職場や仕事内容が変わることはもちろん、生活や付き合う人々もガラリと変わります。
そのため転職は人生の中でも大きな決断となりますが、だからこそ誰かに相談をしてアドバイスや励ましが欲しくなりますよね。
世の中の社会人たちは、一体どんな相手に転職の相談をしているのでしょうか。
今回は、正社員として働く社会人100名を対象にしたアンケート「転職を考えた時に、相談をする相手は誰ですか?」(複数回答可)の結果をご紹介いたします。

 

転職を考えた時に、相談をする相手は誰ですか? アンケート結果

webアンケート調べ

第1位 「家族」に相談をする

今回のアンケートで最も高ポイントを獲得したのが「家族」でした。
家族であれば、自分のことのように親身になってくれるからこそ、相談しがいがあると感じるようです。家族に相談をすると回答した方の実際の意見をチェックしてみましょう。

一番近くで自分のことを見てきているのが家族なので、納得できる返事をもらえそう。
(神奈川県 20代 女性)

自分の将来のことに親身になってくれるのは、やはり他人ではなく家族だと思うので。
(埼玉県 40代 男性)

転職は人生を変える大きな出来事です。友だちに相談しても他人事だと思われるので、自分のように考えてくれる家族が一番相談しやすいです。
(千葉県 20代 男性)

unnamed (3)

第2位 「配偶者・恋人」に相談をする

家族に次いで2位となったのが「配偶者・恋人」でした。
とくに、配偶者に相談すると回答した人は多く、その理由は生計が関係しているからのようです。さらに詳しい意見を見ていきましょう。

結婚して家庭がある場合、生計を共にするので相談しないわけにはいかないです。
(東京都 20代 男性)

収入に関係する上に、家族の未来が左右される。人生の分岐点であると考えているため。
(神奈川県 30代 男性)

今後の人生を考えたときに、よくも悪くも転職で一番影響を与える人だから。
(神奈川県 30代 女性)

unnamed (4)

第3位 「友人」に相談をする

家族や配偶者ではなく、あえて「友人」に相談をするという回答も多く目立ちました。
理由はさまざまですが、どれも納得のいくものばかり。
友人に相談をすると回答した人の意見を詳しくチェックしてみましょう。

年齢や境遇が似ている上に、客観的に自分のことを分かってくれているのでアドバイスを受けやすいです。
(埼玉県 30代 女性)

すでに転職をした経験のある友人がいるので、経験者に相談をしたほうが頼りになる。
(東京都 30代 男性)

友人なら自分と考え方が近く、味方になってくれるし、背中を押してもらえそうだから。
(茨城県 30代 女性)

unnamed (2)

unnamed (1)

第4位 「自己解決」で済ませる

あえて人には相談をせず、すべて自分で悩み決断する「自己解決」を回答した人もいます。
なぜ人に相談するということを避けるのか、気になる意見を見てみましょう。

他の人のアドバイスで決めて後悔するより、自分のやりたいことを自分で決めて後悔したほうが良いと思うから。
(東京都 30代 女性)

自分の心が納得することしかできないからです。自分が転職したいと思ったら、ほかの人に反対されてもすると思うからです。
(東京都 30代 女性)

働くのは自分であって、決断は自分でする。心配をかけたくない気持ちもあり、転職が決まってから報告する。
(東京都 20代 女性)
unnamed

 

 

握手し合うビジネスマンとビジネス服の女性

上位4つまでの回答をピックアップしてご紹介しましたが、その他の意見の中には、「転職エージェントに相談をする」というものも複数見られました。
転職は人生のターニングポイントともいえる大イベントです。現状よりもすばらしい環境に身を置くためにも、転職の際は有益な意見を得ながら慎重に進めたいですね。

014

★レファミーを始める★

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください