自身のキャリアアップや新しいチャレンジのために転職をする方は多いですが、できることならばお得感も得たいですよね。転職した際に、年収の10%の支援金がもらえれば、大きな臨時収入になります。転職にあたって新たに必要になるものを用意したり、記念として好きなことに使ったりと使用方法はさまざまですが、一般のビジネスパーソンたちは何に使おうと考えているのでしょうか?
今回は、ビジネスパーソン100名を対象に行ったアンケート「転職した際に年収の10%の支援金をもらえたら何に使いますか?」の結果をご紹介いたします。


第1位 少しでも将来のことを考えて……「貯金(47%)」

今回のアンケート結果で第1位となったのが「貯金」でした。100名中47名と、約半数もの人々が貯金と回答したことから、世の中には堅実的なビジネスパーソンが多いことがうかがえます。とはいえ、一体なぜ貯金をすると回答したのか、実際の意見をチェックしてみましょう。

転職後に何があるかわからないので、とりあえずは貯金しておいて何かの役に立つまでおいておきます。
(神奈川県 40代 男性)

貯金をして、そのお金を株式投資などの資金運用にしていきたいと思います。
(東京都 20代 女性)

旅行や引越しは予定がなく、生活費は無意識に使ってしまうものなので、貯金が妥当だと思いました。
(群馬県 30代 女性)

転職先であまり活躍できなかった場合に備えて貯金をしておきます。
(東京都 40代 男性)

第2位 転職前の贅沢に思い切って投資!「旅行(16%)」

貯金に次いで2位となったのは「旅行」でした。転職時の支援金をボーナス的に捉える人も多く、自分へのご褒美や転職前のリフレッシュとして、思い切った使い方をしようと考えたようです。旅行を選んだ方の実際の声をチェックしてみましょう。転職はリスクがある選択ですが、それでも応援してくれた家族と共にご褒美旅行でお祝いしたいです。
(栃木 40代 男性)臨時収入は贅沢をするのに使いたいと考えているから。金額的に、家族で近場の海外旅行か、国内旅行で豪遊するのにちょうどいい金額でしょう。
(埼玉県 20代 女性)今までに対しての、そして今後の生活前のリフレッシュとして旅行に行きたい。
(東京都 40代 男性)

第3位 ちょっぴりの贅沢も交えて「生活費(13%)」

転職支援金をあえて「生活費」として取り入れると回答した方もいました。
しかし、ちょっぴり贅沢をするためにという意見や、当面の生活費に充てて転職後の新生活の様子を見るという意見などがあり、同じ生活費でも目的は大きく異なるようです。それぞれの意見を見ていきましょう。
日々の生活費として使いたいです。少し良い食材を買ったり、日々の生活を少しだけ贅沢します。
(埼玉県 30代 女性)

生活が不安定になるかも知れないから対策として。遊興には使いません。
(東京都 40代 男性)

第4位 転職に備えて住居を変える!「引越し(6%)」

100名中6名と少数の意見ですが、転職に備えて「引越し」のために支援金を使うという方もいました。引越しにはまとまった資金が必要になることからも、支援金は心強い味方となってくれるでしょう。新しい場所で頑張りたいので、引越しをえらんでみました。引越しをすることで心機一転を狙いたいです。
(群馬県 20代 女性)転職した職場に通いやすく、仕事のモチベーションが上がるような物件を探したいです。引越しできるだけの支援金をもらえたら、職場選びに制限がなくなると思います。
(茨城県 40代 女性)

今回は1位から4位までの意見をご紹介しましたが、その他の意見として「転職に活かせる勉強のために支援金を使う」「資格取得のための軍資金にまわす」「スーツや靴を新調する」という意見もありました。

それぞれ異なる意見が集まりましたが、支援金がもらえるというのは転職者への強い励みになるようです。人生のターニングポイントとなる転職をして、自分に最適な職場と支援金を手に入れましょう!

 

logooo
レファミーを始める▶▶▶

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください