それはそうだ。
私は外資系証券会社の日本株営業部長として
だれもうらやましがるポジションにいたし、
給料も一般のサラリーマンが考えられない何千万円。
住民税だけでも一般の30代サラリーマン年収レベルであり、
六本木の超高級マンションに住んでいた、
いわばスーパーサラリーマンであったからだ。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください